役立つ情報

バンドマンの私がブログ書きに転身した理由

カワムーラです。

ツイッターで最近あいつ見ないな…あの…「toneのカワムラ。」

「前は顔出して毎日朝投稿していたあいつ、どこ行ったんだろうな…」

みなさん、お久しぶりです。

実はアカウント名を「GreenEchoes Studio」にしたところ、多くのバンドマンにフォロー解除されはじめました。そりゃグリーンエコーズスタジオって誰だよって話ですよね。

プロフィールにも一切バンドのこと書かなくなったし。

最近、アカウント名も「カワムーラ!」に戻しました。個人名のほうが信用してもらえるような気がして。キンコン西野さんに感謝。

と前置きはさておき、あれだけバンドをやっていた私がどうして今ブログを書いているのかということについてお話します。

バンドを続けられなくなった

2011年に3ピースバンドtoneを結成、以降、バンマスとしてバンドに多くの時間を費やしてきました。

活動の中で3枚のアルバムをリリース、新メンバーを加えニューアルバムを引っ提げて県内ツアーを回って…

2018年2月22日をもって無期限活動休止に入りました。

あれからもうすぐ1年が経とうとしています。

休止の理由はほかでもない私にあります。

それは「子供が生まれて、バンドに費やせる時間が無くなったから」でした。

メンバー同士の不仲でも方向性の違いでもありません。

1年前は、1週間の半分以上は仕事終わりにスタジオ練習へ行き、帰りも深夜、月に一度はノルマを払ってライブをして…多くのお金も、時間も費やしてきました。

不定休で8時-19時は仕事で拘束されるので、朝と夜中が音楽に費やせる時間でした。

往復1時間半の仕事への道中は、スタジオでの練習音源のチェック、コーラスの練習、新曲案をハミングで下案を作っていました。

帰宅して妻が寝静まった深夜、ライブスケジュールを考え、パソコンにかじり付きながらドラムを打ち込み、ベーステイク、ギターテイク、仮歌まで入れて曲の下案を作っていました。

深夜のキッチンの片隅で、出来た仮音源を聞くときの達成感が凄く好きでした。ゼロから何かを作り出した感がたまらなく好きだった。

今考えたら睡眠時間は3-4時間の時もザラだったし、良くやっていたなぁと思う。

結婚してもバンド活動に関しては妻は非常に寛大で

「あなたの一番好きなことでしょ。」と言って続けさせてくれました。

2018年3月、第一子が誕生しました。

子供が生まれると生活は一変しました。二人で常に子供にかかりっきり。一方が子供をみて、一方は家事をこなす。

夜は1時間おきに起きる。子供には昼も夜もないですからね。夫婦で寝不足の日々。

そんな感じで「物理的な時間」と「余暇活動」を行う余裕が精神的肉体的になくなってしまったのです。

それは今でも同じです。

夜飲みに行けなくなりました。大好きなメンバーとも会えなくなりました。我慢することも多いです。

それでもやっぱり子供が一番、です。だって可愛いですからね。

バンドは「余暇活動」だったのか?

余暇活動なんてさらりと書きましたが、そんなつもりは毛頭ありませんでした。

あれだけ本気で打ち込んでいたからには「売れたい」という気持ちを強く持っていました。

メンバー全員が定職を持っていた関係もあり、「バンドを主に、生計はアルバイト中心でで立てていて、県外ツアーもガンガン回って…」といった他のバンドからは冷たい視線を送られることもありました。

それでも僕らは僕らなりのやり方で「toneのあり方」を模索し続けていました。

使える時間のほとんどをバンドに費やしてきました。

バンドは一人ではできない

私の都合で止めてしまったバンド。バンドは一人では当然できません。

それでも音楽をしたかった私は子供が生まれてからも空き時間を使ってソロプロジェクト「Frog inmy Throat」を作り、楽曲を作っていたのでした。

作った満足感はありました。ただ、仲間と共有できないことを痛感し、何かさみしい気持ちになって、それもやめてしまいました。

あれだけ打ち込んでいたものが一気になくなったわけで、とてつもない虚無感に襲われました。

私は性分として、何かに打ち込んでいないとだめみたいです。

いろいろ考えた結果

  • 妻子供をはじめ他人に迷惑をかけない
  • すぐに中断できる
  • 気が向いたときにできる
  • 義務感がない
  • 継続できる好きなこと

これらを踏まえて、私が好きなものの中から厳選して

「ガーデニング」でやったことを「ブログ」にすることにしたのです。

ブログをはじめた私を苦しめたもの

ガーデニング、超楽しいんですよね。一人で好きなだけ自分が満足するまで土をいじって肥料の配合を変えて成長具合を確かめたり、花が咲いて喜んだり…植物は何も話さないけど正直で、私の心を満たしてくれました。

その楽しさをブログに書き綴っていました…が。

問題は「誰も読んでくれない」ことでした。

まぁよく考えれば、30過ぎたおっさんが、ラベンダーが咲きました!なんてブログに書いたところで、よほど私のファンでない限りは興味なんで持たないことがわかりました。そりゃ誰も読まない。

日常茶飯事の記事は有名人のブログくらいでしか需要がない。

私はただのおっさんでした。

私を苦しめたのは、お気に入りのブログ記事ではだれも読んでもらえないことで、承認欲を満たしてくれないことでした。

目的意識の変容

ガーデニングで自分一人で楽しんで満足していたのに、それをブログにアップした途端、誰かに見てもらいたいという承認欲求にかられて…いつの間にか

「アクセスのあるブログ」を書くことに目的が変わっていました。

そして、ブログに関して調べていくうちに「ブロガー」という職業があることがわかりました。

「文字書くだけでお金なんてもらえるわけない」

そう思っていました。

それが仕組みを理解できたら…いつの間にかブログを収益化できるようになっていました。

仕組みっていうのはこんな感じ。

ブログ初心者必見!ASPのおすすめは「もしもアフィリエイト」 私が本格的にブログをはじめたのは「アフィリエイト」に興味を持ったからでした。 ブログをやっているひとであれば「アフィリエイト」とい...
イケハヤさんに便乗!おすすめのアフィリエイトフレンズに登録してみた。 ちょっとすごいサービスが出ました。 アフィリエイトフレンズ 年商1億円ブロガーのイケハヤさん(@IHayato)が紹介してい...

現在、2つのブログをサーバーをレンタルして自前で運営しており、月間のアクセス数は70000件程度、収益はまぁ…高校生がコンビニで頑張ってアルバイトするくらいでしょうか。

ただ、気が向いたときに記事書いてメンテナンスして、高校生アルバイトに勝てるというのはまぁ嬉しいですよね。

バンドマンに伝えたいこと

まぁ簡単に言うと

  • 「やりたいことはできるときにやったほうがいいよ」
  • 「ブログやったほうがいろいろと役に立つよ」

いうことです。

「やりたいことはできるときにやったほうがいいよ」

バンドが活動を止める時期はいろいろあります。

  • 高校生が大学へ進学する18歳
  • 大学生が社会人になる22歳
  • 社会人が結婚する20歳後半
  • 社会人が結婚して子供ができる30歳前半

これを乗り越えた精鋭が今のシーンに残っているのでしょう。

toneは社会人から組んだので前二つは関係ありませんでした。

「結婚」は乗り切れました。

その次が…難しかったのです。

「ブログやったほうがいろいろと役に立つよ」

ポイントは2つ。

①バイトのシフトを減らしても収益が自動化できる

ほんと、バンドってお金かかりますよね。お客さんが集められないライブではライブハウス側にノルマ払わなきゃだし…そりゃライブハウス側はビジネスとしてやっているんだから当然だけど。

それに練習するにもスタジオ借りなきゃだし(うちのバンドは路上ライブセットそろえて寒空の下練習していた)

ツアーなんか出たら交通費、食費、宿泊費、場所によっては遠征組でもノルマ取るところもあるし…

バンドは金がかかる。ただバンドマンは金がない。かといって定職についたらツアーに行けない。バイトは給料が安い。金がない。

これ、ブログを書いて、記事を収益化できれば…バイト減らしてバンド時間多く取れますよね。

②ウェブプロモーションになる

これはブログの中身を厳選する必要がありますが、ウェブ上でバンドを売り込めます。

私がやってきたプロモーションは

  • 地方の有名な情報誌にプレスリリースと音源を添えて売り込み
  • ナタリー等の音楽評論サイトへの同売り込み
  • キー局系列の地方のラジオ局への同売り込み
  • 新聞社への売り込み
  • コミュニティFMへの売り込み
  • 人が集まるであろうカフェ等へのフライヤー設置
  • 楽器店やスタジオ等での音源の委託販売
  • SNS告知(Twitter、アメブロ、フェイスブック等)
  • 動画配信サイト(Youtube)へのMV公開
  • 海外動画配信サイト(中国ウェイボー、米国デイリーモーション)へのMV公開
  • 定期的なライブ開催
  • 有名どころのライブ終わりのお客さんへのフライヤー配り
  • お世話になっているレーベルへの売り込み依頼

こんな感じですが、雑誌2社、ラジオ出演2件…しかもらえませんでした。(関係者の方、お世話になりました)

ただ、宣伝効果はほぼ皆無でした。

これはやはりウェブ戦略を立てていなかったのが悪かったと思います。

しっかりと現在の音楽関係での話題、検索ワードのボリュームをリサーチして、それに関連するブログ記事を書いてバンドホームページのブログへのアクセスを増やして

ページ下部に設置したバンドMVへのCTA(コールトゥアクション)のクリックを促すくらいの対策が必要でした。

やはり、聞き流されるのと「目的をもって検索されて」聞かれるのでは圧倒的に後者のほうがプロモーションとしては成功です。

楽曲を購入してくれるかもしれないし、Spotifyで検索してくれて聞いてくれるかもしれない。YoutubeチャンネルにアクセスしてMVを見てくれるかもしれない。MVの再生回数が伸びれば、Youtubeのトップに掲載される可能性が上がる。

簡単にしか書いていませんが、ブログアクセスを伸ばして、YouTubeの再生回数、ストリーミングサービスでの再生回数を上げるといったウェブ戦略が、インディーズバンドが売れるために必要な要素なのかもしれません。

バンドのホームページを作っていない方はぜひワードプレスで作ってください。そしてバンドブログをSEO対策を練って書きまくってください。

相談には乗れます。

https://www.greenechoes-studio.com/entry/2019/02/05/191504

これやっているインディーズバンドは見たことがありません。

バンドマンにとってSEO対策なんて言葉、縁がなさすぎるでしょうから。

この記事を読んだ人、ちょっと得かもしれませんね。

この辺はコチラでも触れています

インディーズバンド「売れない」で悩んでいる人へのプロモーション案の一例 カワムーラです。 私もかつてはバンドをやっていました。 週の半分は仕事終わりにスタジオ練習、車の中で曲案を考えて、朝...

まとめ

そんな感じで、現在はウェブサイト運営「グリーンエコーズスタジオ」として、絶えず情報を発信しています。

きっとバンドはしばらくはできません。

バンドはまとまった時間がなきゃできないけども、ブログは細切れの時間をつなげれば頭にある記事を文字に起こすだけでできる。

表舞台から姿を消してしまいましたが、私は今でも音楽が、バンドが大好きです。

何か違う形でバンドに関われたら…と思っています。

こんな私的な記事を読んでくれてどうもありがとう!

ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
カワムーラ:WEBサイト運営事業「GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)」代表/Webライター/個人事業主。双子座A型。元バンドマン。趣味はダナーライト収集と節約術研究。最近キャッシュレスに移行しました。

LINE@はじめました!

ブログ更新の度に配信します。良ければ登録よろしくお願いします^_^

友だち追加

グリーンエコーズスタジオ運営サイト

GreenEchoes Shop|アロマオイルとハーブの専門店

格安シム乗り換えガイドセンター|格安シムへの乗り換え解説コンテンツ

カワムーラの日々のツラツーラ|ブーツアウトドアITコンテンツ

 

知らないなんてもったいない!|節約情報コンテンツ

RELATED POST