靴・ブーツ

ビルケンシュトックおすすめはモンタナ!サイズ感レビュー!

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)といえばサンダルがあまりにも有名ですね。

そんなビルケンですが、サンダルだけではありません。実は靴がおしゃれで履きやすくすごくおすすめです。

本記事ではビルケンシュトックの中でもダントツで人気なモンタナ(Montana)のサイズ感等ツラツーラと解説していきます。

本記事で取り上げているのは18FW新作のMONTANAモンタナオイルドレザークオイオ(ブラウン)です。



ビルケンシュトックとは

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)は1774年にJohann Adam Birkenstockが設立したドイツの靴ブランドです。なんと創業から240年以上という靴ブランドの中でもダントツの老舗中の老舗です。

ビルケンシュトックの商品は世界90カ国、5大陸にまたがって販売されています。

ドイツ国内の8拠点に加え、アメリカ、ブラジル、スペイン、そして香港に販売支社を構えています。

日本では34の専門店と6つのアウトレットショップを構えており、ABC-Mart等、国内の多くの靴専門店で取り扱われています。

ビルケンシュトックの最大の特徴

ビルケンの一番の特徴はその中敷きにあります。

医学に基づいたインソール=中敷き(ビルケンではフットベッドと呼ぶ)は足の内側縦アーチ(いわゆる土踏まず)をしっかりサポートします。

レザー製の中敷きの表面は素足でも滑りにくく、コルク製のフットベッドはヒールカップもしっかり作られており、しっかりと足全体を安定させた快適の履き心地を提供してくれることでしょう。

ビルケンシュトックはサンダルだけじゃない

日本でビルケンシュトックといえば「サンダル」をイメージする方が非常に多いでしょう。

しかし、実はビルケンシュトックはサンダルだけでなく、高品質なインソール(中敷き)に加えて、靴の販売もしています。

サンダルで有名な「ボストン(BOSTON)」や「アリゾナ(ARIZONA)」の陰に隠れがちですが、靴にも名作があります。

それが本記事のメインである「モンタナ(MONTANA)」です。

MONTANA(モンタナ)レビュー!

ではモンタナレビューです。

本記事で取り上げているのは18FW新作のMONTANAモンタナオイルドレザークオイオ(ブラウン)です。

オールオイルドレザーを使用したこのモンタナ。

履きこむだけ味が出てきます。

やはりオイルドレザーですのでお手入れはマスタングペーストを使用しています。

ビフォーアフターはこんな感じ。

<左:アフター 右:ビフォー>

塗りたてなのでかなり色が濃くなっています。

この写真以外は2-3日浸透させてからの撮影のため、若干色が薄くなっているのが分かります。

経年の変化であめ色になっていく姿がいまから非常に楽しみです。

モンタナの最大の特徴はこのリベットにあります。

二枚の皮をそれぞれリベットで止めただけの至極シンプルな構造であり、どちらかというと靴よりもサンダルに近いような印象です。

つま先にかけて膨らんだぼてっとしたかわいらしいフォルムはまさに唯一無二の存在感でしょう。

中敷きはもちろんビルケンシュトック伝統のフットベッド。こちらはボストンと同じく一体型となっています。

レザーをスウェード加工した物を中敷き表面に張っているため、素足でも滑りにくいのが特徴です。

極めつけはビルケンのこの焼き印。もうたまらない。

MONTANA(モンタナ)のサイズ感

靴選びで一番気になるのはサイズ感です。

モンタナをはじめ、ビルケンシュトックのサイズ感は日本人にフィットするようなサイズ感となっています。

サイズを決定する要素としては

  • レングス(cm)→踵からつま先までの長さ
  • ワイズ(E、EEなど)→横幅

があります。

サイズ表記でもメーカーによってばらつきがありますが、ビルケンシュトックに関しては通常履いている靴のサイズと同じで大丈夫です。

参考までに…管理人カワムーラ!の足は通常27.0cmのものを履いています。

しかし、非常に偏平足のため、サイズがあっても横幅が狭いため、欧米ワイズ(E等)の靴ではワンサイズ大きいものを選んでいます。

ワイズの基本(下に行くにつれて幅広)
  • D
  • E
  • 2E(EE)
  • 3E(EEE)
  • 4E(EEEE)

カワムーラの履いている靴のサイズ感

  • コンバース:28.0cm(E)
  • ナイキ:27.5cm(E)
  • ニューバランス:27.5cm(E)
  • アディダス:27.0cm(EE)
  • アシックス:27.0cm(EE)
  • アンダーアーマー:28.5cm(D)
  • リーボック:28.0cm(E)
  • ビルケンシュトック:27.0cm(サイズ42)(EE~EEE)

ビルケンシュトックのサイズ選びで気を付けたいのは「ワイズ」です。

ビルケンシュトックのワイズ(横幅)は2種類

  • 通常(EE~EEE相当)
  • 幅狭(Nallow)

幅狭は本当に狭いです。アンダーアーマーと同様に非常に狭いので、日本人であればよっぽどのことがない限り「通常」でよいと思います。

引用:http://ec.benexy.com/sizeguide/index.html

EEE相当なので足幅が広い私でも安心してレングス(cm)ジャストのもの(42サイズ)を選んではいています。

上記でも不安な方は公式コメントも参考にどうぞ。

お客様のサイズはおいくつですか?

現在の靴のサイズがご不明な方は、以下の表を参考にしてください。 モデルやシリーズにより、サイズシステムに微妙な違いがございますので、これらの数値は大まかな指標であるという点をご了承下さい。また、ご注文の前には、必ず足のサイズを測定してください。
靴下を履いたままで紙の上に足を置き、その外郭を鉛筆でなぞります。 そこに足の長さ(踵から親指まで)の印をつけます。 この2点の距離を定規で測り、以下の表の数値と比較してください。

ビルケンシュトックサイズ足底シート(外部リンク)
サイズ表

採寸が27.0 cmの場合、この表に従ってサイズ42が適切なサイズになります。 採寸が24.5 cmの場合、お好みのモデルのサイズ38をご注文下さい。 採寸が24.8 cmの場合、サイズ38.5が理想的なサイズですが、 ビルケンシュトックでは0.5cm間隔のサイズを展開しておりませんので、 次のサイズ、この場合はサイズ39をご注文になることをお勧めしています。

ビルケンシュトックモデルの利点は、サイズに忠実であるという点です。 つまり大人のお客様が一度ぴったりのサイズを見つければ、一般的に他のモデルの同じサイズもぴったりとフィットします。そのため、お気に入りのモデルを再度お買い求めになる場合は、改めて採寸して頂く必要はございません。

まとめ

いかがでしょうか。

ビルケンシュトックはサンダルだけではありません。

特にこのMONTANA(モンタナ)は靴下との相性が抜群にいいです。

クロップドパンツに幾何学模様の靴下を合わせて、アウトドアスタイルのファッションを楽しむ方には非常におすすめです。

また、素材違いでも、オイルドレザー以外にスウェード、秋冬に重宝しそうなツイード素材のものもあります。

あなたにぴったりのモンタナが見つかるといいですね!

ビルケンシュトックのお求めは正規取扱店

BENEXYがおすすめです。在庫も豊富ですよ。



 

関連記事はこちら

モンタナだけじゃない。ビルケンシュトックのおすすめはリグレーで決まり! ビルケンシュトックといえばサンダルが有名ですね! ボストンやアリゾナ等、魅力的なモデルが揃っています。 そんなビルケ...
ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
カワムーラ:WEBサイト運営事業「GreenEchoes Studio(グリーンエコーズスタジオ)」代表/Webライター/個人事業主。双子座A型。元バンドマン。趣味はダナーライト収集と節約術研究。最近キャッシュレスに移行しました。

LINE@はじめました!

ブログ更新の度に配信します。良ければ登録よろしくお願いします^_^

友だち追加

グリーンエコーズスタジオ運営サイト

GreenEchoes Shop|アロマオイルとハーブの専門店

格安シム乗り換えガイドセンター|格安シムへの乗り換え解説コンテンツ

カワムーラの日々のツラツーラ|ブーツアウトドアITコンテンツ

 

知らないなんてもったいない!|節約情報コンテンツ

RELATED POST