Daily Tura Tura in Kawamura
ブログ運営

【ログインできない】ブログ環境をワードプレスへ移行する際の注意点

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

諸々の理由がありはてなブログからワードプレスへ移行しました。

先人たちの知恵を借りてブログ移行を行ったわけですが、だれも触れていなかった疑問点や問題点が山積しており、非常に苦労しました。

現在、レンタルブログサービスからワードプレスへの移行を考えている人のために何点かの注意点をツラツーラと解説したいと思います。

私のように移行した途端にPV数激減という悪夢に見舞われないように気をつけましょう。

ブログをワードプレスへ移行してPVが激減!減少した原因 ブログ運営についてです。 当ブログ「カワムーラの日々のツラツーラ」ですが数週間前にはてなブログからワードプレスへ移行しまし...

目次

私がはてなブログからワードプレスへ乗り換えた理由

はてなブログから始めようと思った理由は

  • レンタルブログサービスで始める敷居が低い
  • レンタルブログサービスの中でもSNS機能に長けておりアクセスが集まりやすい

という点でした。

特にアクセスが集まりやすいという点については非常にメリットに感じていました。

特にはてなブログでは、記事を投稿した後にブックマークが3件以上つくと「人気記事」に掲載されます。

人気記事に上がればランキングを見ている人からの流入が見込めます。

しかし、ブログ流入アクセスを解析してみるとこのような結果となっていました。

私はブログ開設当初からSNS連携も行っており

Twitter、Facebook、Instagramにも積極的に記事を投入していました。

特にTwitterに関してはアカウントをbot化し、30分おきに記事が自動投稿されるよう設定していました。

それにも関わらず開設6か月後の流入先の8割以上が検索からの流入でした。

期待されていたはてなブログからのアクセスはたったの2パーセントです。

アクセスが集まりやすいと評判のはてなブログでさえこの結果なので、恐らく、アメブロ、Seesaa、ライブドアブログも同様もしくはそれ以下の結果でしょう。

結局のところ、はてなブログではじめて良かった点は

  • 簡単操作でブログが書ける

という点だけでした。

加えてはてなブログは意外と維持管理費が高いです。

コチラがはてなブログの年間運営費です。

はてなブログPro年会費(1年間):8434円

お名前.com  独自ドメイン代(1年間):1253円

合計:9687円

通常であればはてなブログは無料のレンタルブログサービスです。

ただし、このままでは「独自ドメイン」が使用できません。

「独自ドメイン」とはインターネット上で言うところの「一軒家の住所」です。

独自ドメインを取得しなければならない理由として

  1. 最大手の広告掲載提供会社であるGoogleアドセンスの申請ができる
  2. Googleからのページ評価の上昇につながる

という2点のメリットがあります。

アドセンスの申請はレンタルブログサービスのドメインでは規約により申請できないのです。

また、無料のはてなブログのままではURLが

https://hottyhottea.hatenablog.com/(私のはてなブログのURL)

となってしまいます。

このhatenablogのドメインがつくと、レンタルブログサービスの中の一つとカウントされてしまい、検索での表示が下位になってしまう可能性があります。

はてなブログProの契約をしないと独自ドメインへの変更ができません。

よって、はてなブログProへの登録は必須でした。

それに対して、ワードプレスの年間維持費は

レンタルサーバー代金(wpXクラウド)(1年間):6480円

お名前.com  独自ドメイン代(1年間):1253円

合計:7733円

となっており、はてなブログよりも格安でした。

また、レンタルブログサービスのデメリットとしては

BAN(何の前触れもなく突如ブログサービスが利用できなくなる)される可能性があります。

何かのガイドライン違反をおこしたり、突然ブログサービス自体が終了してしまっては折角築いてきた生地の数々も水の泡です。

対してワードプレスは、レンタルサーバー上に自分のいわば「城」を築くことができるので、極端な話好き放題できます。

ただし、ワードプレスは操作方法や拡張機能に幅があることから、ブログ入門者からは敬遠されがちです。

しかし、基本的な操作方法はレンタルブログサービスと大差はありません。

これであればもはやはてなブログにこだわる理由はないと思い

乗り換えることにしたのでした。

ワードプレスへ乗り換えた理由

  1. レンタルブログサービスはSNS機能によりアクセスアップが見込めると思いきやデータとしてまったく効果がなく、アクセスの8割が検索流入だった
  2. 管理維持費がワードプレスの方が安かった
  3. BANリスクがあるレンタルブログサービスでは不安になった
  4. ワードプレスの操作方法はレンタルブログサービスと大差なかった

ワードプレスへの移行する前に知っておくべきこと「パーマリンク」

他ブログからワードプレスへ移行する手順については諸先人たちが非常に詳しく解説しているので説明は簡単にして詳細は割愛します。。

新規ドメインでワードプレスを始める場合にはパーマリンクどうのという話は無関係です。

わたしのようにレンタルブログサービスで独自ドメインを使用していた場合、移行の難易度は跳ね上がります。

それは、パーマリンクを変更しないように神経を使わなければいけないからです。

パーマリンクとは

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。 パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。 個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべきです。

引用:https://wpdocs.osdn.jp/パーマリンクの使い方

要するに「あるページを表す住所=URL」です。

ワードプレス公式でも

個別の投稿への URL は常に存在して決して変らないようにすべき

と念押しで明記してあります。

このパーマリンクというのはGoogleのクローラ―によってGoogleの検索一覧に登録されています。

私の人気記事の一つであるこちらの記事は

ダナーライトの種類と違いを解説!サイズ感は?インソールは必要? チペワ、ウェスコ、ホワイツ、レッドウィング… アメリカンカジュアルのブーツブランドはたくさんあります。 その中でも私...

ビッグワード「ダナーライト」でGoogle検索順位で5位に上がっています。

大手アウトドアポータルサイトのCAMPHACKには勝てませんが公式、楽天、ABCマートに続き5番目です。

並みいる大手に続きこれだけのビッグワードでこの順位を獲得するにはリライトを重ねて数か月かかりました。

パーマリンクが変わるということは、この順位が失われてしまうということです。

検索順位が下がるということはブロガーにとっては一番痛いことで

PVの低下、収益の低下に直結します。

PVを集めるためには検索上位に上がる記事を書かなくてはいけないのがブロガーにとっての最大の宿命といっても過言ではないでしょう。

このパーマリンクを変えたくないがためにとんでもない苦労があるのです。

私はこれでずっこけてPV数が激減しました。

ブログをワードプレスへ移行してPVが激減!減少した原因 ブログ運営についてです。 当ブログ「カワムーラの日々のツラツーラ」ですが数週間前にはてなブログからワードプレスへ移行しまし...

他ブログからワードプレスへ移行する際に気を付けること

パーマリンクは絶対に変えないようにする

ワードプレスへの移行方法

ワードプレスを始めるには

  1. レンタルサーバーとの契約
  2. 独自ドメインの取得

の2点が必要になります。

独自ドメインを取得しないでもできますが、前述した通りそれではワードプレスを始める意味はありませんので必ず取得しましょう。

ブログはインターネット上に公開する必要があります。

よって、常にインターネットに接続している場所にブログを開設しなくてはいけません。

この常にインターネットに接続している場所というのが「サーバー」です。

このサーバーの一部を借しつけているのがいわゆる「レンタルサーバー」と呼ばれるものです。

このレンタルサーバー上のレンタルスペースにブログソフトであるワードプレスをインストールして、ブログを開設することになります。

①新規ドメインでワードプレスを始める場合

1.レンタルサーバーと契約する。

レンタルサーバーは特にこだわる必要はないと思います。

大手の方が信頼性が高いですし、安定性があります。

私は維持管理費も安いwpXクラウド(株式会社エックスサーバー)を使っています。

他、ロリポップやGMOサーバー等あるので、お好きなところを使いましょう。

wpXクラウド



お名前.com レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

2.独自ドメインを取得する

これも会社(ネームサーバー)にこだわる必要はありません。

自分のドメイン名を考えたら申し込みましょう。

ドメイン名のあとの.com , .jp等好きなものをつけることができますが、特にこだわりがなければ無難に.comで良いでしょう。

.xyz等、トリッキーなものもありますが、正直なところこの選択で検索順位が変わるかどうかはわかりませんので無難な選択をお勧めします。

ちなみに私のドメインの[GreenEchoes-Studio]は自分のバンドの自主レーベル名です。

大手ならお名前ドットコムが良いでしょう。

国内最大級のドメイン公式登録サービス/お名前.com

3.既存レンタルブログサービスでの記事をエクスポートする

これは各ブログによって異なります。

各レンタルブログサービスの説明に従って記事をエクスポートしてください。

4.既存レンタルブログサービスを「限定公開」もしくは閉鎖する

これを行わないと、重複したコンテンツが存在することになり、Googleからの評価が下がってしまいます。

検索インデックスに登録しない、を選択する方法もありますが、もしかしたらの可能性を避けるために旧ブログは閉鎖もしくは限定公開にした方が賢明でしょう。

5.レンタルサーバー上でワードプレスをインストールしてブログを立ち上げる

ワードプレスのインストール方法は各レンタルサーバーの説明にしたがってください。

ワードプレス専用とうたっているレンタルサーバーは比較的インストールが楽です。

wpXクラウド


6.インストールしたワードプレスにログインし、独自ドメインを設定する

ここで設定した独自ドメインはワードプレスをアンインストールしない限り2度と変更できないのでご注意ください。

※独自ドメインを設定してから約半日程度、ドメインの浸透と呼ばれる待機時間が発生します。この期間はワードプレスのログイン画面に入ることができないためご注意ください。

7.ワードプレスを開き、記事をインポートする

先にエクスポートしていたレンタルブログサービスの記事をワードプレスへインポートします。

ただし、ライブドアブログ(無料)とアメブロでエクスポートした記事はワードプレスへインポートできません。

FC2ブログを経由して改めてエクスポートする必要があります。

8.記事を確認、適宜修正する

ブログを構成するHTMLが変わっているため、旧ブログの記事が正しく表示されない場合があります。

面倒ですが、1記事ずつ開いてチェックが必要です。

はてなブログからワードプレスへ移行した際は下記の作業を行いました。

  • はてなブログ購読者向けにブックマークからアクセスした際にワードプレスページに飛ぶように301リダイレクトを設定
  • 15記事ほどパーマリンクが変わってしまっていたので、旧記事パーマリンクにアクセスした際に404エラーが出ないように301リダイレクトを設定
  • カエレバリンクのcss修正
  • タグの変更(h3→h2)
  • はてなブログ独自の目次表現の削除
  • サムネイルの登録し直し

新規にドメインを取得する場合の作業はこれで以上です。

②独自ドメインを引き継ぐ形でワードプレスへ移行する場合

これが一番厄介でしょう。①と重複しますが手順を紹介します。

1.レンタルサーバーと契約する。

レンタルサーバーは特にこだわる必要はないと思います。

大手の方が信頼性が高いですし、安定性があります。

私は維持管理費も安いwpXクラウド(株式会社エックスサーバー)を使っています。

他、ロリポップやGMOサーバー等あるので、お好きなところを使いましょう。

wpXクラウド



お名前.com レンタルサーバー

ロリポップ!レンタルサーバー

2.既存レンタルブログサービスでの記事をエクスポートする

これは各ブログによって異なります。

各レンタルブログサービスの説明に従って記事をエクスポートしてください。

3.既存レンタルブログサービスを「限定公開」もしくは閉鎖する

これを行わないと、重複したコンテンツが存在することになり、Googleからの評価が下がってしまいます。

検索インデックスに登録しない、を選択する方法もありますが、もしかしたらの可能性を避けるために旧ブログは閉鎖もしくは限定公開にした方が賢明でしょう。

※ワードプレスへ移行する際は丸々2日程度はブログを止めなくてはいけません。

止めない方法もあるようですが、止めた方が安全です。

重複ペナルティや連携しているアドセンス、アナリティクスのPV数カウントをおかしくしないためにも止めることをお勧めします。

ブログを止めるということは収益をゼロにすることと等しいためとても勇気がいります。

一時の損失より、未来へ不利を残さないためにも止めましょう。

4.レンタルブログサービスからアナリティクス、サーチコンソールのコードを抜く

これを抜かないと後でPV数がおかしくなります。

レンタルブログサービスを止めた後、必ず抜いて、メモ帳かどこかに保存しましょう。

5.ネームサーバーを移管する

独自ドメインを取得しているネームサーバーにアクセスして

レンタルサーバーのWhoisに書き換えましょう。

これもレンタルサーバー/ネームサーバーによって異なりますので、各契約したレンタルサーバー/ネームサーバーの説明に従って行ってください。

6.レンタルサーバー上でワードプレスをインストールしてブログを立ち上げる

ワードプレスのインストール方法は各レンタルサーバーの説明にしたがってください。

ワードプレス専用とうたっているレンタルサーバーは比較的インストールが楽です。

wpXクラウド


7.インストールしたワードプレスにログインし、独自ドメインを設定する

ここで設定した独自ドメインはワードプレスをアンインストールしない限り2度と変更できないのでご注意ください。

※独自ドメインを設定してから約半日程度、ドメインの浸透と呼ばれる待機時間が発生します。この期間はワードプレスのログイン画面に入ることができないためご注意ください。

8.ワードプレスを開き、記事をインポートし、パーマリンクの設定を行う

先にエクスポートしていたレンタルブログサービスの記事をワードプレスへインポートします。

ただし、ライブドアブログ(無料)とアメブロでエクスポートした記事はワードプレスへインポートできません。

FC2ブログを経由して改めてエクスポートする必要があります。

この時にパーマリンクの修正が必要となります。

ここが一番の山場です。

例えばはてなブログの場合、パーマリンクは下記の4種類があります。

  1. 標準のフォーマット : /entry/2018/10/10/000000
  2. タイトル 記事のタイトルがURL : /entry/2018/10/10/ワードプレスへ乗り換えます
  3. ダイアリー はてなダイアリー風のフォーマット : /entry/20181010/0000000000
  4. カスタムURL /entry/以下の記事のURLを任意の文字列に変更 :/entry/sample_01

ワードプレスのパーマリンク設定画面は

カスタム構造にチェックを入れて

/entry/%postname%/

という風に記載すると、レンタルブログサービスでエクスポートしたパーマリンクが

そのままの形で入ります。

ただし、この「/」が「-」 に置換される場合があるようです。

この場合、投稿記事のクイック編集で「-」を「/」に打ち直す作業が必要です。

確認してみてください。

※%postname%という記載を入れないと後々にパーマリンクの修正が行えなくなります。

以下は私が失敗したエピソードですので参考までに。

/entry/%postname%/ とカスタム構造でインポートするとハイフンをスラッシュに置き換える作業が必要という情報を得た私は「面倒だな…」と思い、別の方法を探していました。

すると、はてなブログのパーマリンク構造

/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%/%minute%

の構造でインポートすると、書き換え作業がなくなるという情報を手にしました。

面倒くさかった私はこの方法でインポートしました。

するとどうでしょう。

はてなブログ側でリライトした記事はすべてリライトした日付にパーマリンクが書き換わってしまいました。

しかも、カスタム構造に%postname%の記載がないため、パーマリンクの修正すらできなくなりました。

検索上位を占めていたキラー記事URLにアクセスしても404エラーとなり表示されません。

そこで、301リダイレクト設定を行い、当該記事にアクセスして際に書き換わってしまったURLへジャンプするよう設定しましたが…

数日すると、その書き換わる前のURLすら検索上位に表示されなくなりました。

301リダイレクトの記事は検索順位から除外されてしまうのでしょうか。

こうして私はキラー記事15個を失い、PV数の大幅減を食らったのです。

この事実に気づくまでは1か月を要しました。

再度、ワードプレスのインポートからやり直そうにも、すでに非常に膨大な時間をかけて旧記事の修正を行ってしまっていたので、あきらめたのでした。

パーマリンク修正でのまとめ

  • ブログ記事インポート設定の際はカスタム構造にチェックを入れて「/entry/%postname%/」とする。※はてなブログの場合。それ以外の場合、/entry/に該当する部分を記載する
  • パーマリンクが「/」から「-」に変わったら面倒でも「/」へ手動で書き換える
  • はてなブログの方でカスタム構造を/entry/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%/%minute%にする場合は、リライトした記事の日付とパーマリンクの日付を完全一致してからブログをエクスポートする

 

 

9.アナリティクス,サーチコンソールのコードを入れる

これはプラグインを導入すると簡単に行えます。

プラグインの新規追加からAll In One SEO Packをインストールして有効化し、一般設定の中にある各貼り付け場所にコードを貼り付けてください。

10.記事を確認、適宜修正する

ブログを構成するHTMLが変わっているため、旧ブログの記事が正しく表示されない場合があります。

面倒ですが、1記事ずつ開いてチェックが必要です。

はてなブログからワードプレスへ移行した際は下記の作業を行いました。

  • はてなブログ購読者向けにブックマークからアクセスした際にワードプレスページに飛ぶように301リダイレクトを設定
  • 15記事ほどパーマリンクが変わってしまっていたので、旧記事パーマリンクにアクセスした際に404エラーが出ないように301リダイレクトを設定
  • →必要な人のみ。上記失敗談を活かせばこの手間はなし
  • カエレバリンクのcss修正(私はワードプレステーマ「jin」を使用したためもともとカスタムcssが当てられていました)
  • タグの変更(h3→h2)
  • はてなブログ独自の目次表現の削除
  • キャッチ画像サムネイルの登録し直し

作業は以上です。

移行後のアドセンス、ASPについて

アドセンス、ASP共に独自ドメインに紐づけられて広告、商品リンクが生成されているため

各方面に申請していた独自ドメインを引き継いで使う場合には

特に特別な手続きは必要ありません。

これもどこにも書いていなかったので一言記載いたします。

まとめ

いかがでしょうか。

ブログの引っ越しは非常にリスキーです。

この記事や先人たちの失敗談をしっかり熟読し、準備を周到に行ってから移行を行いましょう。

ワードプレスはレンタルブログサービスにはなかったプラグインでの拡張機能が非常に有能です。

それまではカスタムcss構造を手動で入れていたものがプラグイン一つで簡単に実現できます。

移行にはリスクを伴いますが、きっとレンタルブログサービスよりワードプレスの方がいい方向へ向かうのは間違いありません。

あなたのブログ移行が平和に行われますように!

 

RELATED POST