Daily Tura Tura in Kawamura
透湿防水素材

SOREL(ソレル)カリブーと1964の違いを比較!

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

冬の大定番のスノーブーツといえば間違いなくSOREL(ソレル)ですね!

メイドインカナダのだけあって-40度まで耐えられる使用になっているものがあるなどかなり本格的な作りになっています。

しかし…ラインナップが多いことに加えて、同じシリーズの中でもさらに種類があってよくわからない…

そんな方のために本記事では、ソレルの2大定番である「カリブー」と「1964」にスポットを当てて

ツラツーラと違いを比較したいと思います。

SOREL(ソレル)とは

SOREL(ソレル)とはカナダに本拠地を置くブーツ/シューズメーカーです。

世界中で愛されるウィンターブーツの代名詞として最も有名なのはないでしょうか。

1962年創業以来、現在に至るまでの50年以上たった今でも

ウィンターブーツのスタンダードとして最前線を走っています。

ソレルのブーツの特徴としては

  • 防水処理の施されたレザーアッパー
  • ヴァルカナイズド製法による完全防水のラバーソール
  • 着脱可能で保温性抜群なフェルトライニング
  • 雪が溜りにくく滑りにくい靴底

を採用していることが挙げられます。

昔から変わらないクラシカルなルックスは

ぼてっとして愛らしく、いつの時代でも好まれるファッショナブルなデザインとなっています。

また、最近のソレルはアウトドアブランドの中で最もラグジュアリーなブランドに!というコンセプトのもと

雨、雪、寒さから足元を守る機能性と

街中でも使えるファッション性を兼ね備えた商品をリリースしています。

ソレルを購入する上での注意点

一番注意しておかなくてはいけないのはソレルが採用している完全防水機能は、ラバーによる完全防水という点です。

完全防水には2種類あります。

  1. 物理的防水機能(ゴム素材を使って水分を遮断する)
  2. 機能的防水機能(ゴアテックス等の透湿防水素材を使って水分を遮断する)

一件、どちらも完全防水では変わりないように思いますが大きく異なります。

それは、かいてしまった汗を外部に放出できるかどうかという点です。

人間の体は体温調整機構が備わっており、体温を一定に保つために暑くなれば汗をかいた気化熱で体温を下げようとします。

保温性に優れたソレルのフェルトライニングは、逆を言えば汗をかきやすいです。

靴底と靴の下部を覆う部分がゴム素材で一体化されている構造(ヴァルカナイズド製法)となっているため、かいた汗は放出できずに靴下に染みこんでしまいます。

「汗を放散しにくい」というのはソレルの唯一の弱点であると言えるでしょう。

※唯一透湿防水機能を搭載しているのは後述するウィスラーミッドのみです。

<ソレルをおすすめできない人>

  • 足に常に汗をかきやすい人
  • 冬でもそこまで寒くならない地域に住んでいて普段使いを考えている人

また、どちらかというと湿雪よりも乾雪を好むような傾向にあります。

春スキーのような環境では気温が高いため、雪はべちゃくちゃしやすいです。

こういった環境では素直に長靴の方が良いでしょう。

ハイスペックな反面、汗を放出できないというデメリットについては購入前によく検討する必要があります。

汗を放出できる完全防水ブーツをお探しの方はゴアテックス搭載のものを選んだ方が良いでしょう。

【雨・雪でもOK】ゴアテックス搭載!スニーカー靴おすすめ9選 最近、ゲリラ豪雨など、急な雨に見舞われることが非常に多くなりました。 また、関東でも大雪になることが多くなってきており、防...
フジロックの雨対策は足元から!履いていきたい靴/ブーツおすすめ8選 フジロックは新潟県湯沢市、苗場スキー場で開催されます。 苗場山…THE山です。 山の天候は非常に変わりやすいもの。 ...
ゴアテックス以外にもおすすめ!透湿防水素材の種類と選び方。 前回はゴアテックスのレインウェアの紹介でした。 あまりにも有名なゴアテックスは透湿防水素材の代表です。 ただ...

ソレルのブーツのサイズ感

ソレルのブーツの作りはメンズ、ウィメンズ共にゆったりとした作りとなっています。

スノーブーツということで、厚手の靴下を着用した上で履くことを想定しています。

靴のサイズが24cmの方であれば、厚手の靴下を履く前提であれば24cmを選びましょう。

そうではなく、タウンユースで使うだけで、通常の厚さの靴下(ユニクロ等)やストッキングタイツを履くというのであれば23.5cmを買うことをお勧めします。

カリブーと1964の関係

カリブーはソレル創業以来40年以上にわたってそのデザインを変えず愛され続けています。

そんなソレルの代名詞的存在のカリブーに非常に似ている1964は後発モデルとなっており

カリブーのルックスを継承しながら軽量化を図ったモデルと考えてよいでしょう。

そんな2種類のブーツですが、息の長いモデルということもあり非常にシリーズが多く難解なことになっています。

以下のラインナップとなっています。

○カリブー○

<ウィメンズ>

  • カリブー
  • カリブーウール

<メンズ>

  • カリブー
  • カリブーウール

○1964○

<ウィメンズ>

  • 1964 パック2
  • 1964 プレミアムレザー

<メンズ>

  • 1964 パックナイロン
  • 1964 パックT
  • 1964 プレミアムレザー

なんと1964には通常版がありません。笑。

カリブー(通常版)とカリブーウールの違い

メンズ

メンズ カリブー(通常ライン) カリブーウール
アッパー素材 ウォータープルーフヌバック WPフルグレインレザー
インナー 合成繊維フェルト(9mm) ウールフェルト(9mm)
フットベッド 合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(9mm)
ミッドソール フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
アウトソール ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
重量(片足) 964g 1106g
使用限界温度 -40度 -40度
カラー ブラック/ブラウン/白/キャメル 濃茶/こげ茶
ヒール高 30mm 30mm

レディース

ウィメンズ カリブー(通常ライン) カリブーウール
アッパー素材 ウォータープルーフヌバック ウォータープルーフヌバック
インナー 合成繊維フェルト(9mm) ウールフェルト(9mm)
フットベッド 合成繊維フェルト(9mm) ウールフェルト(9mm)
ミッドソール フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
アウトソール ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
重量(片足) 901g 1106g
使用限界温度 -40度 -40度
カラー キャメル/ブラック/グレー ブラウン
ヒール高 30mm 30mm

<メンズ>

通常版カリブーとの大きな違いは

  1. インナーフェルトが合成繊維からウールへ変更
  2. アッパー素材がWPヌバックからWPフルグレインレザーへ変更

以上2点が異なっています。

<レディース>

  1. インナーフェルトが合成繊維からウールへ変更
  2. フットベッドも合成繊維からウールへ変更
  3. 外観-ラバーとアッパーの切り替えラインが白→青へ変更

以上3点が異なっています。

インナーフェルトがウールに変更になりましたが使用限界温度は-40度で変わりありません。

メンズでは見た目がヌバックからレザーに変わったことでだいぶごつさが出ました。

レディースはアッパー素材はヌバックのままなので優しい印象ですが

切り替えラインが青に変わったことで、若干の見た目の違いが生まれています。

1964の各モデルの違い

メンズ

1964パックナイロン 1964パックT 1964プレミアムレザー
メンブレン裏貼り

テキスタイル

WPフルグレインレザー WPフルグレインレザー
合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(9mm)  合成繊維フェルト(9mm)
合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(9mm)  合成繊維フェルト(9mm)
フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
680g 850g 850g
-40度 -40度 -40度
ブルー/ブラック/ブラウン/

ベージュ/レッド

ブラック/濃茶 ブラック/濃茶
  8ホール,履き口ファー無し

レディース

(ウィメンズ比較) 1964パック2 1964プレミアムレザー
アッパー素材 ウォータープルーフヌバック WPフルグレインレザー
合成繊維フェルト(6mm) 合成繊維フェルト(6mm)
フットベッド 合成繊維フェルト(6mm) 合成繊維フェルト(6mm)
ミッドソール フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
アウトソール ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
重量(片足) 623g 653g
使用限界温度 -32度 -32度
カラー キャメル/ブラック ブラウン
ヒール高 20mm 20mm
備考   8ホール,履き口ファー無し

メンズ、レディース共にアッパーの素材の違いが一番大きいですね。

ナイロン/ヌバック/レザーの違いになります。

カリブーと1964の違い

非常によく似ているカリブーと1964ですが大きく分けると3点の違いがあります。

  • インナーフェルトの厚さが違う
  • 重量が違う
  • 使用限界温度が違う(ウィメンズのみ)

1964は使用限界温度を犠牲にしてカリブーよりもより軽量化を図って

より日常的に使いやすいクラシカルスノーブーツを目指した商品であるといえます。

ウィメンズ

(ウィメンズ比較) カリブー(通常ライン) 1964 パック2
アッパー素材 ウォータープルーフヌバック ウォータープルーフヌバック
インナー 合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(6mm)
フットベッド 合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(6mm)
ミッドソール フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
アウトソール ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
重量(片足) 901g 623g
使用限界温度 -40度 -32度
カラー キャメル/ブラック/グレー キャメル/ブラック
ヒール高 30mm 20mm

メンズ

(メンズ比較) カリブー(通常ライン) 1964 パックナイロン
アッパー素材 ウォータープルーフヌバック メンブレン裏貼りテキスタイル
インナー 合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(9mm)
フットベッド 合成繊維フェルト(9mm) 合成繊維フェルト(9mm)
ミッドソール フェルト製フロストプラグ フェルト製フロストプラグ
アウトソール ヴァルカナイズドラバー ヴァルカナイズドラバー
重量(片足) 964g 680g
使用限界温度 -40度 -40度
カラー キャメル/ブラック/グレー ブルー/ブラック/ブラウン/ベージュ/レッド
ヒール高 30mm 20mm

メンズラインではカリブー/1964共に9mmフェルトが使われているため使用限界温度に違いはありません。

アッパーにナイロン素材を使っているため、ウィメンズ同様に軽量となっています。

タウンユースで使うのであればカリブーよりも1964の方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

タウンユースで使うのであれば1964の方が軽量で履きやすそうですね。

本気のスノーブーツが欲しいということであればカリブーをお勧めします。

<メンズ>

  • 1964パックナイロン(防水ナイロン)
  • 1964パックT(WPフルグレインレザー)
  • 1964プレミアムレザー(WPフルグレインレザー×8ホールハトメシューレース)
  • カリブー
  • カリブーウール

<ウィメンズ>

  • 1964パック2(WPヌバック)
  • 1964プレミアムレザー(WPフルグレインレザー×8ホールハトメシューレース)
  • カリブー
  • カリブーウール

 

RELATED POST