Daily Tura Tura in Kawamura
ブログ運営

ブログを始めるのははてなブログ?ワードプレス?経験者がどっちがいいか比較!

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

はてなブログからブログデビューをした人はきっと多いのではないでしょうか。

「ワードプレスは初心者には敷居が高い…」

「サーバーレンタルとかいろいろ設定が大変そう…」

そんな私も2018年4月からブログデビューを果たしたときは

そんな前評判にビビッてはてなブログからスタートしました。

そして2018年10月にワードプレスへ移行しました。

本記事では私がはてなブログからワードプレスへ移行しようと思った理由と

これからブログを始める方にレンタルブログサービスとワードプレス、どちらがいいのかを

ツラツーラと解説します。

あなたがブログを始めたいと思ったきっかけは?

本記事ではここが一番大事です。

「芸能人もやっているし、何となくはじめてみようかしら」

「日々思っていることを書きたいわ」

「同じブログ仲間とつながりたいわ」

という方は間違いなくレンタルブログサービスをお勧めします。

はてなブログじゃなくても大丈夫です。

アメブロ、Seesaa、ライブドアブログ等、レンタルブログサービスをお勧めします。

というよりも、ワードプレスには向いていません。

では、どういう人がワードプレスに向いているのか。

それは

ブログを収益化しようと思っている方

ブログをビジネスツールとして積極的に使用したいと思っている方

という方のみです。

ブログには2種類ある

個人がブログを始めるとなると、大体2種類の方法があります。

  1. レンタルブログサービスを使う
  2. サーバーをレンタルして、自身のブログページを開設する

どちらもインターネットにつながっているサーバーの中にアクセスして

ブログを書いて載せておくという仕組みです。

違いは①大手会社がサーバーを運営しており、サーバーの中にはその会社の専用ブログプログラムが入っている。その中の一部としてブログを開設させてもらう

のに対して、②はサーバーをレンタルして、その中に自分独自のブログソフトをインストールして、自分だけのブログを作成する

という明確な違いがあります。

代表格としては

  1. はてなブログ、アメブロ、Seesaa、ライブドアブログ
  2. ワードプレス

となっています。

レンタルブログサービスが趣味ブログに向いているわけ

レンタルブログサービスの一番のメリットは「無料で利用できる」ということでしょう。

そして、SNS形式となっているため、ブロガー同士の相互交流がしやすいため

ブログへのコメントもつきやすいですし、アクセスの増加も期待できます。

では、無料でレンタルブログサービスを運営しているところは何処から収入を得ているのでしょうか?

それは、個人が投稿するブログに勝手に挿入掲載される広告掲載によって賄われているといっても過言ではありません。

ブログを開設する人が増えるほど広告は人の目に留まり、クリックされてクリック先の商品が売れて…

このような仕組みとなっています。

ブログで収益を得るには

ブログで収益を得るには直積的な収益と間接的な収益があります。

<直接的収益>

  • Google Adsenseとの契約による広告のクリック収益
  • 商品紹介等のアフィリエイトリンク設置による販売マージン収益
  • 他、提携広告主との契約による広告掲載収益
  • 自社販売している商品の購入

<間接的収益>

  • 行っている事業に対しての顧客獲得

○直接的収益○

Google Adsenseとは

Googleと契約し、Googleが掲載する広告のクリック数に応じて

収益が支払われる仕組みです。

大体ワンクリック30円程度です。

アフィリエイトとは

自身のブログに掲載した商品が購入されたときに

その数パーセントを紹介料として受け取れる仕組みです。

大体紹介料は商品代金の1%のことが多いので

1万円の商品が売れると100円が紹介料として支払われることになります。

アフィリエイトについてはコチラの記事を参考にしてください。

ブログ初心者必見!ASPのおすすめは「もしもアフィリエイト」 私が本格的にブログをはじめたのは「アフィリエイト」に興味を持ったからでした。 ブログをやっているひとであれば「アフィリエイト」とい...

○間接的収益○

例を挙げましょう。

例えば美容室の経営者がブログを開設していたとします。

当然、美容室の経営を成り立たせるためには収益を上げるために新規顧客の獲得と

既存顧客のリピート率を上げなくてはいけません。

美容室の良さをアピールするために

スタイリングの工夫やカットモデルの写真掲載

そのスタイリストの持論や美容室の雰囲気等々をブログに掲載して

最後に「来店予約」までこぎつけることで実務収益が発生します。

商社であれば

自社の製品やサービスへの問い合わせを獲得し、その顧客と契約を取ることではじめて収益が発生します。

レンタルブログサービスが収益化に向かない理由

レンタルブログサービスが収益化に向かないのは

単純に収益化できる仕組みになっていないからです。

広告を自分で貼って自分の利益に使用とすれば

レンタルブログサービス側の収益はなくなります。

また、アフィリエイトリンクを設置することで、広告掲載のクリック率の低下も懸念されます。

特にアメブロ等ではアフィリエイトリンクを貼ることは許容されていますが

いきなりブログ自体を凍結されることが多いです。

また、ブログ執筆画面にも楽天、アマゾン、ユニクロの商品紹介のアフィリエイトリンクを貼ることが公式機能で搭載されていますが

ポイント支給でポイント期限は6か月、且つ現金化が非常に難しいこともありかなり条件としては厳しいです。

そもそも

Google Adsenseやアフィリエイトサイトに申請するときは

レンタルブログサービスのドメイン(URL)では申請すらできない場合がある

という事実もあります。

レンタルブログサービスにも例外がある

ブログの収益化には

  • 広告収入
  • アフィリエイト収入

があり、広告収入を得るためにはレンタルブログサービスのドメインでは申請すらできないことが分かりました。

アフィリエイト収入を得るにも、一方的にブログを凍結されるリスクがあることもわかりました。

特にアメブロはこの傾向が強いです。

ただし、レンタルブログサービスの中でも

  • はてなブログ
  • ライブドアブログ
  • Seesaa

に関しては、有料会員になることで、レンタルブログサービスのドメインではなく

独自ドメインで登録できるようになります。

この独自ドメインというのは、実際にはレンタルブログサービスで開設しているブログのため

レンタルブログサービスのドメインとなるところを

お名前ドットコムのような独自ドメイン提供サービスから購入した独自のドメインに差し替えられるサービスを行っています。

これにより、Google Adsenseの申請も通るようになります。

また、アフィリエイトリンクについてもやや寛容なようで

アフィリエイトリンクを貼ったからといって凍結されることは少ないようです。

この3つのサービスであれば、ブログ収益化を狙っている人でも始める敷居は低くなるのではないでしょうか。

はてなブログ/ワードプレスのメリット/デメリット

ブログの始め方として

  1. レンタルブログサービスを使う
  2. サーバーをレンタルして、自身のブログページを開設する

の2種類が存在し、そのメリット/デメリットについても解説してきました。

私がはてなブログからブログを始めたのは

  • レンタルブログサービスで始める敷居が低い
  • レンタルブログサービスの中でもSNS機能に長けておりアクセスが集まりやすい

という理由からでした。

はてなブログからワードプレスへ乗り換えた今、その違いやメリット/デメリットを解説します。

私が感じたメリット/デメリットはこちら。

<はてなブログ>

メリット

  • 初めてでも簡単にブログを投稿することができる
  • はてなブログ自体がSNS媒体であるために他のブロガーに読まれやすい
  • 投稿後3ブックマーク以上獲得できると新着リストに掲載されてアクセスが伸びる
  • はてなブログProへ登録すると独自ドメインの取得が可能

デメリット

  • ブログカスタマイズの柔軟性が非常に低い
  • アフィリエイトリンクを張る際のカスタムcssの編集が面倒
  • はてなブログProの利用料金が高い(1080円/月)
  • 母体がはてなブログのため、グーグルの評価が下がる可能性がある(かも)
  • はてなブログに不利益もしくは問題のある記事の場合、BANされる可能性がある。
  • Google Adsenseの広告が張りにくい
  • Google Adsenseの申請が通りにくい

<ワードプレス>

メリット

  • 非常に投稿記事の柔軟性が高く、自由にカスタマイズできる
  • 有料ワードプレステーマを購入することでさらにきれいな記事がかける
  • アフィリエイトリンクを挿入する際のカスタムcss設定が不要
  • プラグインが非常に豊富なため、アクセス解析やパーマリンク設定、コードの置換、タグの編集、リダイレクト設定等自由自在
  • BANされるリスクがないため、自由な記事が書ける
  • ワードプレスを運営しているだけで技能として評価される
  • Googleの評価が上がりやすい(かも)
  • 運営費がはてなブログに比べて安い
  • Google Adsenseの申請が通りやすく、広告が貼りやすい

デメリット

  • 導入までの下調べが結構大変
  • ある程度パソコン、インターネットの仕組み等に精通している必要あり
  • HTMLタグもある程度読めないと厳し場面もある
  • サーバーエラーの場合、自分で対処しなくてはならない
  • カスタマイズができすぎて何をどうやったらいいか不明

私がはてなブログからワードプレスへ乗り換えた理由

はてなブログから始めようと思った理由は

  • レンタルブログサービスで始める敷居が低い
  • レンタルブログサービスの中でもSNS機能に長けておりアクセスが集まりやすい

という点でした。

特にアクセスが集まりやすいという点については非常にメリットに感じていました。

しかし、ブログ流入アクセスを解析してみるとこのような結果となっていました。

これだとわかりにくいためもう少し簡略化した図がこちらです。

私はブログ開設当初からSNS連携も行っており

Twitter、Facebook、Instagramにも積極的に記事を投入していました。

特にTwitterに関してはアカウントをbot化し、10分おきに記事が自動投稿されるよう設定していました。

それにも関わらず開設6か月後の流入先の8割以上が検索からの流入でした。

期待されていたはてなブログからのアクセスはたったの2パーセントです。

アクセスが集まりやすいと評判のはてなブログでさえこの結果なので、恐らく、アメブロ、Seesaa、ライブドアブログも同様もしくはそれ以下の結果でしょう。

結局のところ、はてなブログではじめて良かった点は

  • 簡単操作でブログが書ける

という点だけでした。

デメリットでも挙げましたが、加えてはてなブログは意外と維持管理費が高いです。

独自ドメインを契約しないとアドセンス申請ができず、グーグルの評価も下がってしまうので

はてなブログProの登録は必須でした。

はてなブログでかかった費用はコチラ。

はてなブログPro年会費(1年間):8434円

お名前.com  独自ドメイン代(1年間):1253円

合計:9687円

ワードプレスに乗り換えての料金がコチラ。

レンタルサーバー代金(wpXクラウド)(1年間):6480円

お名前.com  独自ドメイン代(1年間):1253円

合計:7733円

これであればもはやはてなブログにこだわる理由はないと思い

乗り換えることにしたのでした。

まとめ

はてなブログのデメリットが後半に連れて目立つような記事になってしまいましたが

はてなブログには本当に感謝しています。

はてなブログでブログの書き方や操作の仕方を覚えることができたからこそ

ワードプレス環境にスムーズに移行できたのですから。

この記事のまとめはこちら。

  • 趣味ブログは無料レンタルブログサービスを利用しよう
  • ブログの収益化を狙いたいのなら無料レンタルブログサービスを使用して独自ドメインを取得しよう
  • ブログの収益化を本気で狙いたいならレンタルサーバーと契約、独自ドメインを取得して、ワードプレスから始めよう。

それでは良きブログライフを。

RELATED POST