カワムーラの日々のツラツーラ

カワムーラがお送りする日々気になることTIPS!節約術やおすすめ商品等、生活の役に立つ情報を発信!商品レビュー受付中。

フジロックで気を付けたい7つのこと。服装・準備・虫・雨対策・注意事項etc

f:id:hottyhottea:20180626204315j:plain

今年もやってくるフジロック。

ヘッドライナーにN.E.R.D、ケンドリックラマー、ボブディランを迎え

例年以上に盛り上がりを見せています。

フジロックが普通の野外フェスと大きく違うのは本気の山での開催ということ。

会場は苗場スキー場ですが、雪のないスキー場はほんとに山です。

軽装で行くと後悔することも…(体験済み)

本日は私の経験を踏まえて

フジロックに参戦する方のための

雨対策も考えた服装、準備リストについて

ツラツーラと解説します。

 

フジロック会場は意外と過酷

f:id:hottyhottea:20180626154434j:plain

以前の開催場所の名残と、日本一の山と日本一の野外ロックフェスということで

現在でもフジロックと名が付きますが

実際に開催されるのは富士山近郊ではなく

新潟県湯沢町苗場スキー場です。そう、山の中です。

周りにはほぼ何にもありません

そんな過酷な環境へライブを見に行くにはそれなりの準備が必要です。

各対策を紹介した後に

おすすめの準備用品を紹介します。

防寒対策

f:id:hottyhottea:20180626154600j:plain

苗場山は標高2145m、苗場プリンスホテルは

標高900mの山の中腹に位置しています。

標高が100m上がるごとに気温は0.6度下がる計算なので

フジロック開催地の気温は地上より5.4度低いことになります。

単純に越後湯沢駅が30度だとすればフジロック会場は25度程度です。

日中は意外にも涼しいのです。

夜となればぐんぐんと気温が下がり、10度を切ります。

寒さ対策は絶対に必要です。

少し厚手のネルシャツや携帯性に優れるユニクロのウルトラライトダウン等

秋口で重宝しそうなアイテムが役に立ちます。

紫外線対策

f:id:hottyhottea:20180626154644j:plain

一般的に標高が1000m上がると地表に比べて10%以上紫外線量が増えます。

気象庁発表のUVインデックス量でみると苗場山付近の紫外線量は

UVインデックス値7程度です。

f:id:hottyhottea:20180625201415p:plain

参考:気象庁|紫外線の性質 / 気象庁|UVインデックスとは

 

これによれば十分な紫外線対策が必要となります。

一見涼しいようでも日差しは本当に痛いくらい強いです。

初参戦の年で黒焦げになったのは今でも忘れません。

日焼け止めはマストアイテムです。

 

 

加えて、紫外線は目にも大敵です。

サングラスも一緒にもっていきましょう。

 

服装の面でも日焼け対策は必須です。

つばの大き目な帽子は是非かぶったほうがよいでしょう。

つばが大きいことで首の後ろの日焼けも防げます。

帽子といっても蒸れるので、やはり通気性がよい素材を使用したものや

ゴアテックス素材を使用したものがよいでしょう。

また、上半身はTシャツだけでなく

ネルシャツを羽織るアンダーアーマー的な袖があるインナーを着る

ラッシュガードを羽織る等腕を保護してください。

下半身は

女性であればスコートにトレッキング用のタイツ

男性であればハーフパンツにトレッキング用のタイツ

男女共用ではタイトフィットでストレッチ素材のパンツがおすすめです。

足元対策

f:id:hottyhottea:20180626154735j:plain

フジロックの会場は前述のとおり苗場スキー場です。

傾斜地は利用していないにしても、苗場プリンスホテルの駐車場以外は

全て未舗装の凸凹の道です。

粘土質の土はむき出し、岩や小石がゴロゴロ、ぬかるんでいるところも多いです。

「フェスだし、サンダルでいいっしょ!」なんていう人は

今すぐ考えを改めてください。

サンダルで言って死ぬ思いをした私が言います。

最低でも履きなれたハイカットスニーカー

理想を言うのであればゴアテックス搭載のトレッキングシューズが望ましいです。

長靴で臨む方もいますが、ゴム底は薄くて山道には不向き

ゴムは一切汗を放出しないので蒸れ放題です。やめたほうが賢明です。

また、靴下は

スニーカーソックスやユニクロ等の安価なものではなく

トレッキングシューズ用のメリノウール素材を使用したものがよいです。

メリノウールは吸湿性に優れ汗冷えしにくく

クッション性に優れているため、足が痛くなりにくいです。

加えて防臭性も備えており、足が臭くなりにくいです。

ほんとにおすすめ。

 

虫対策

f:id:hottyhottea:20180626154839j:plain

フジロック開催前に一応、虫が出ないように防虫剤を散布するようですが

相手は大自然です。けっこうなんでもいます。

特に困るのがやぶ蚊です。

ビールを片手に山道を歩けば当然体温も上がり、汗をかきます。

露出している肌はやぶ蚊君の格好の餌食です。

中には長袖の上から刺してくる屈強なやぶ蚊もいらっしゃいます。

フジロック会場はそんなに気温は上がらないので

通気性の高い長袖、長ズボンでの参戦が望ましいです。

また、虫よけスプレーや刺されたとき用にキンカン等も持って行ったほうがいいです。

 

汗・雨対策

f:id:hottyhottea:20180626155131j:plain

いくら気温が25度程度といってもフジロックではステージとステージの間が

結構遠いため、かなりの距離を歩くことになります。

となると、やはり汗はけっこうたくさんかきます。

日中は気温が高いので汗も蒸発して乾きますが

気温が下がってくるとじっとりと濡れたままとなり

気化熱で体温をどんどん奪ってしまい、最悪風邪を引きます。

下着類は吸湿速乾素材のものを選ぶようにしましょう。

また、山の天候は非常に変わりやすく、フジロックに雨はつきものです。

急な雨にぬれても大丈夫なように

速乾タオルや多めの着替えを準備したほうがよいです。

また、レインウェアの準備も必須です。

100円均一で売っているような雨具でも雨は凌げますが

外からの雨は凌げても、結局服の中は行き場を失った汗でびしょびしょになります。

ビニール素材のレインウェアでは汗を放散できないため

レインウェアとしてはあまり意味がありません。

やはりレインウェアとして機能するのは

外からの水分は防ぎ、中からの蒸気は外へ放散できる万能ハイテク素材

ゴアテックス(GORE-TEX®)を採用しているものがおすすめです。

また、バックパックも防水素材を使用したものがよいでしょう。

止水ジップ採用はマストです。

 

疲労回復対策

f:id:hottyhottea:20180626205149j:plain

朝早くから夜遅くまでお目当てのアーティストをめがけて歩き続けるため

非常に疲れます。

ほんとに疲れます。

残念なことに休憩する場所は人にあふれており、座る場所も限られています。

目当てのアーティストが来るまでの待機時間もたって待っているのはかなりしんどい。

そこで活躍するのがレジャーシートと折り畳み式のアウトドアチェアです。

大概の人はもってきています。

この二つは必ず持っていきましょう

ないと休めずに早い段階でへばってしまいます。

また、のどが渇いたときの水分補給にアルコール飲料で渇きを潤すのは控えましょう。

…まあそれが楽しみなんですが笑

ほどほどにしましょう。

アルコール飲料は利尿効果が高く

摂取したそばから尿として体外に水分を排出してしまいます。

脱水症状にならないためにも

こまめにアルコール以外の飲み物も採るようにしましょう。

 

効率の良い支払い対策

f:id:hottyhottea:20180626205358j:plain

会場内での飲食はほぼすべてのブースで電子マネーでの決済が可能です。

私はsuicaを持っていきましたがチャージ金額の上限が2万円まででしたので

足りませんでした。

チャージ式の電子マネーではなく

クレジットカード引き落としの

QUICPay(クイックペイ)やおサイフケータイがおすすめです。

 

 

フジロック準備リスト

f:id:hottyhottea:20180626205521j:plain

各種対策をもとに下記にチェクリスト形式でまとめてみました。

 

  1. ☑防寒対策の厚手のシャツorコンパクトダウン
  2. ☑日焼け止め
  3. ☑サングラス
  4. ☑通気性素材の帽子
  5. ☑吸湿速乾下着
  6. ☑タオル複数枚
  7. ☑着替え複数枚
  8. ☑腕が隠れるタイプのシャツ
  9. ☑足が隠れるタイプのパンツもしくはトレッキングタイツ
  10. ☑トレッキングシューズ
  11. ☑虫除けスプレー
  12. ☑虫刺され対策薬
  13. ☑レインウェア(ゴアテックス素材)
  14. ☑防水仕様のバックパック
  15. ☑折り畳みチェア/レジャーシート
  16. ☑電子マネーカード(QUICPay等)

コストパフォーマンスを考えると大体の商品はユニクロでそろえたほうが

安く済みますね。

庶民の味方、ユニクロ、大好きです。

コンパクトダウンであればウルトラライトダウン等

コンパクトに収納できるアウターは多く出ています。

www.uniqlo.com

www.uniqlo.com

下着類はエアリズムで十分でしょう。

www.uniqlo.com

タオルも吸湿速乾性のものがそろいます。

Tシャツもスポーティーなものが多く出ていますね。

欲を言えばアウトドアブランドのTシャツが欲しいですが。

 

 

ただし、ユニクロでそろえないほうが良いものがあります。

 

以下、おすすめの事前準備用品の紹介です。

 

おすすめ事前準備用品

防寒対策/レインウェア

f:id:hottyhottea:20180626205806j:plain

コンパクトに折りたためるレインウェアは

夕方から夜にかけての防寒対策にもなります。

また、ゴアテックス素材を使用しているため雨は通さずに

汗だけを外へ逃がしてくれるため、蒸れることはありません。

一枚で二度おいしい。

レインウェアのおすすめはアークテリクスとノースフェイス。

アークテリクスはタイトフィットでスタイリッシュに着たい人向け

ノースフェイスはルーズフィットのためゆったり着たい人におすすめです。

詳細比較記事はこちらよりどうぞ。

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

 

帽子

f:id:hottyhottea:20180626205853j:plain

帽子も可能であればゴアテックス素材を使用したものがよいでしょう。

急な雨でも頭を濡らすことなく、また汗で蒸れることはありません。

個性を極めるのであればKAVU

無難に行くならノースフェイスでしょうか。

 

トレッキングシューズ

f:id:hottyhottea:20180626205956j:plain

前述のように苗場は山です。

普通のスニーカーではグリップ力に欠けて滑りやすく

ローカットの場合は小石に足を取られて捻挫ということもあり得ます。

やはり履いていくならハイカットのトレッキングシューズもしくは

ライトブーツ等がおすすめです。

個人的におすすめなのはダナーフィールド。

ダナーライトの廉価版と思われがちですが、値段は半分に

機能性はむしろダナーライトを凌ぎます。

ゴアテックス搭載なので蒸れにくいのもおすすめポイント。

メンテナンスすれば10年以上履けるのでこれを機にいかがでしょうか。

ダナー関連記事はこちら。

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

 

 

トレッキングシューズであれば

ビブラムソール搭載のものが滑りにくくておすすめ。

コロンビアのカラサワ2オムニテックもゴアテックス同様の透湿防水素材を

使っているため蒸れにくく雨に強いです。

靴底が非常におしゃれなところもポイントが高いです!

加えて定番のクラシカルヨーロピアンテイストのKEEN(キーン)ピレニーズも

おしゃれでかっこいいです。

私はダナーライトを履いていきます! 

 

バックパック

f:id:hottyhottea:20180626210108j:plain

持っていくかばんは片方の方に負担がかかるメッセンジャー等でなく

ある程度容量の入るリュックタイプのものがおすすめです。

着替え等結構荷物が多いため、20L以上のものを選びましょう。

また、電子マネーやスマートフォンがすぐに取り出せるように

サコッシュも併せてもっていくと非常に便利です。

完全防水バッグで私がおすすめなのは

F/CE.の完全防水ラインがおすすめです。

おすすめはこちらのバックパック。

結構大きめですが、入れ口がロールタイプとなっているため

中身が少ないときは巻いて小さくすることも可能です。

また、中に空気だけを充満させて膨らませることもできるので

クッション代わりとしても使えます。

さらに空気を抜いて圧縮もできるので大量の衣服も

布団圧縮袋の容量でコンパクトに収納できます。

そして完全防水、最強です。

同ブランドのサコッシュも完全防水でおすすめです。

 F/CE.の完全防水シリーズの詳細はこちらからどうぞ。

www.greenechoes-studio.com

アウトドアブランド好きには

アークテリクスのアロー22もおすすめです。

 

 

折り畳みチェア

これはほんとに必須です。

フジロック会場は過酷なうえに自分のプライベート空間もなく

非常に疲れます。自分専用の椅子があると超楽です。

ただし、持ち運びやすいものでないと逆に疲れてしまいます。

コンパクトに折りたためてかつ軽量、座り心地も抜群となると

ヘリノックス(Helinox)一択でしょう!

折りたたんだ時のサイズはなんと

長さ37cm 直径13cm のサイズになります。

f:id:hottyhottea:20180626151104j:plain

余裕でバックパックに収納できます。

サイズは全部で4種類

f:id:hottyhottea:20180626150737j:plain

出典:facebook/Helinox Europe

 

 最も軽量コンパクトなのはグラウンドチェア。

チェアワンよりももっとコンパクトに折りたためます。

コスパや使い勝手を考えるとチェアワンが一番おすすめです。

サンセットチェアはフジロックには大きすぎるので

ゆったり座りたい人はキャンプチェアがよいでしょう。

電子マネー

 

f:id:hottyhottea:20180626210153j:plain

フジロックの会場ではnanacoと楽天Edyのみチャージできます。

しかし、結局は現金を会場内に持ち込まなければならず、電子マネーの恩恵は

あまりありません。

やはりここはクレジットカードから自動チャージ可能なQUICPayがおすすめです。

クレジットカードをお持ちの方はQUICPayの公式ホームページから

紐づけ発行手続きが可能です。

www.quicpay.jp

クレジットカードをお持ちでない方は

すぐに作れるEPOSカードやJCBオリジナル、楽天カードがおすすめです。

EPOSカードは当日受け取り可

JCBオリジナルと楽天カードは最速申し込みから3日で受取可能です。

 

<即日受け取りEPOSカード>

f:id:hottyhottea:20180512020245p:plain

<手順>

公式サイトにアクセスします。

②カードデザインを選択します。

③規約に確認して申し込み

④個人情報入力フォームに入力する

※この時点で受取先の選択があるので、最寄りのマルイを選択してください!

※必ず「マルイ店頭受取」を選択しましょう。

⑤審査終了後、マルイのエポスカードセンターへ行きましょう。

※審査結果通知メール、本人確認書類、キャッシュカードを持参してください。

<JCBオリジナルカード>

f:id:hottyhottea:20180523012110j:plain

JCBカード(公式ホームページ)

 

<楽天カード>

f:id:hottyhottea:20180523012057p:plain

楽天カード(公式ホームページ)

クレジットカード関連記事はコチラ。

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

まとめ

f:id:hottyhottea:20180626212135j:plain

いかがでしたでしょうか。

フジロック、軽い気持ちで行くと

私のように痛い目に遭います。

しっかり対策を練ってから行けば200%楽しめること間違いなし!

年に一度の音楽の祭典、一緒に楽しみましょう! 

 改めてチェックリストは行く前に確認してくださいね。

  1. ☑防寒対策の厚手のシャツorコンパクトダウン
  2. ☑日焼け止め
  3. ☑サングラス
  4. ☑通気性素材の帽子
  5. ☑吸湿速乾下着
  6. ☑タオル複数枚
  7. ☑着替え複数枚
  8. ☑腕が隠れるタイプのシャツ
  9. ☑足が隠れるタイプのパンツもしくはトレッキングタイツ
  10. ☑トレッキングシューズ
  11. ☑虫除けスプレー
  12. ☑虫刺され対策薬
  13. ☑レインウェア(ゴアテックス素材)
  14. ☑防水仕様のバックパック
  15. ☑折り畳みチェア/レジャーシート
  16. ☑電子マネーカード(QUICPay等)

 関連記事はこちら。

 

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com