カワムーラの日々のツラツーラ

カワムーラがお送りする日々気になることTIPS!節約術やおすすめ商品等、生活の役に立つ情報を発信!商品レビュー受付中。

いつまで飲める?スターバックス新作「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ®」レビュー!

f:id:hottyhottea:20180623001212j:plain

かなり出遅れ感がありますが

2018年5月30日よりスターバックスコーヒーにて

期間限定の「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ®」が発売されました。

あまりにもおいしかったのでここで紹介します。

「なんだ…この深いコクは…!?」

 

魅惑のスターバックスコーヒーのフラペチーノについて

ツラツーラと解説していきます。

 

 

ほうじ茶×ミルク系 禁断の組み合わせ

f:id:hottyhottea:20180622234836j:plain

昨今、ほうじ茶×ミルク系の組み合わせ商品が多く出る中

ついにスターバックスコーヒーもほうじ茶×ミルク系の販売に乗り出しました。

一般的にほうじ茶というとかなり和風のイメージですが

その強い香りとコクに注目し、コーヒーの代わりに組み合わせてみたら

という発想からこの商品が生まれたのでしょう。

実際にほかの商品で有名になったのはこれでしょう。

 

伊藤園のTEAS'TEAシリーズですね。

この組み合わせを考えた人は天才だと思います。

この他にも

和光堂の牛乳屋さんシリーズからも出ていますね。

マタニティ用のノンカフェインミルクティを出していることで有名です。

 

 ただ、これらのほうじ茶商品、ほうじ茶の味はちゃんとするんだけども

「なんだかコクが薄い…」という感想でした。

私と同様のことを思った人は多いでしょう。

そうなんです、コーヒー系との組み合わせとくらべると

「ちょっと物足りない」んですよね。

 

加賀 棒ほうじ茶のコク深さ

f:id:hottyhottea:20180622234957j:plain

そんな中、スターバックスは目の付け所が違いました。

石川県名産の棒ほうじ茶を用いることで

コクと香りを際立てることに成功しています。

一般的なほうじ茶は主に葉を使っているそうですが

加賀棒ほうじ茶は、茎の部分を用いているようです。

ほうじ茶は火をかけて「焙煎」することで香りを引き出します。

今回の商品に使われているほうじ茶は

初積みの茎を浅煎りした一番茶を使用することで

香ばしさや華やかな香りが楽しめるように工夫が凝らしてあります。

 

実際に飲んでみました

f:id:hottyhottea:20180622235506j:plain

なんだかスタバっておしゃれで

30すぎのメンズが一人でふらふら入るにはちょっと敷居が高いような…笑

買ってきました。

見た目はこんな感じです。

f:id:hottyhottea:20180622235446j:plain

ゼリーが入っているようで

通常のストローよりも若干太い系のものを渡されました。

 

 

底から

  • 棒ほうじ茶クラッシュゼリー
  • 棒ほうじ茶×ミルク×ホワイトチョコクリーム
  • ホイップクリームに棒ほうじ茶パウダーかけ

という3層構造です。ちょっとわかりにくいのでホームページの写真を引用します。

f:id:hottyhottea:20180622235427j:plain

 

一口飲むとまず、棒ほうじ茶ゼリーが口の中に入ってきます。

このゼリーがまた香ばしい。

ゼリー自体はほんとに濃厚なほうじ茶そのもの。

上に重ねてあるほうじ茶クリームと混ぜて食べると香ばしさと甘さがマッチして

非常に幸せな味になります。

このクリーム、ホワイトチョコを使っているのがうまいですね。

和と洋の融合とはよく言ったもので

大変おいしかったです。

 

まとめと販売期間

f:id:hottyhottea:20180623000406j:plain

レビューが遅くなってしまいましたが

スターバックス新作「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ®」

超絶美味でございました。

普段スターバックスのフラペチーノは甘すぎるがゆえにあまり飲まないのですが

これは私でもおいしく飲めました。

「甘いのが苦手!」という人は無脂肪ミルクに変更するのもアリかも。

販売期間は

2018年5月30日~7月1日まで!

飲んでいない方はスターバックスコーヒーへ急ぎましょう。

 

あわせて読みたい記事はコチラ。

 

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com