アウトドア

ゴアテックス以外にもおすすめ!透湿防水素材の種類と選び方。

f:id:hottyhottea:20180621030628j:plain

あまりにも有名なゴアテックスは透湿防水素材の代表です。

ただ、ゴアテックスを採用するには

ジッパーを止水ジッパーにしたり、生地同士の縫い目をできる限りなくしたりと

その素材を使った製品を作ろうとすると非常に細かな指定と制約があるようです。

最強の透湿防水を謳うゴアテックスのこだわりというわけですね。

しかも採用するとなるとコストがかかってしまいます。

ですので自社独自で透湿防水素材を開発、採用しているメーカーも少なくありません。

そんな自社独自の透湿防水素材を紹介します。

耐水圧(mm)と透湿性(g/㎡/24h)について

f:id:hottyhottea:20180621030238j:plain

この耐水圧というのはどれたけ雨に打たれても雨が染みないかということです。

要するに防水性の目安です。

一般的には

  • 耐水圧20,000 嵐でも大丈夫
  • 耐水圧10,000 大雨でも大丈夫
  • 耐水圧2,000     中雨くらいなら大丈夫
  • 耐水性300  小雨くらいなら大丈夫

という目安です。

耐水圧300は一般的に言う傘です。

耐水圧2000というと100均のレインウェアレベル。

加えて「濡れた場所への圧力」という観点からでは

濡れた場所に腰掛ける  耐水圧2,000以上必要

濡れた場所にひざまずく 耐水圧11,000以上以上必要

となります。

「じゃあ雨対策のカッパなら100均でもいいね!」

とならないのが透湿性の問題です。

100均のレインウェアはもはやビニールです。

外からの雨は防げても中は汗で蒸れ蒸れでびしょびしょです。

これを解決するのが透湿素材です。

透湿素材とは蒸気のみを外に逃がす特性をもった素材です

一般的には

大人安静時で1時間あたり:約50g

軽い運動で1時間あたり:約500g

ランニング等の激しい運動で1時間あたり:約1,000g

の蒸気を汗として放出します。

透湿性のg/㎡/24hという単位は

24時間に1平方メートルあたり何グラムの蒸気を放出できるかということです。

蒸れにくいという観点では8,000以上

べとつきにくいという観点では20,000以上は必要といわれています。

透湿防水素材で有名なゴアテックスのスペック

f:id:hottyhottea:20180621030345j:plain

透湿防水素材ではゴアテックスが最も有名です。

ゴアテックスの基本的なスペックを見てみましょう。

  • 耐水圧 28,000以上
  • 透湿性(g/㎡/24h) 13,500以上
  • 嵐でも大丈夫:耐水圧20000以上
  • 蒸れにくい:透湿性8000以上

耐水圧に関しては全く問題ありませんね。

透湿性に関して言えば数値上は若干低い気がしますが

上記値はゴアテックスの一番基本的な値です。

最近非常に採用が増えてきているCニットバッカーというゴアテックス素材は

透湿性25000以上と問題のないレベルです。

一般人が必要とする透湿防水性能

f:id:hottyhottea:20180621030433j:plain

透湿防水素材のジャケットを選ぶ基準としては

  • 嵐でも大丈夫:耐水圧20000以上
  • 蒸れにくい:透湿性8000以上

どのメーカーも耐水圧に関しては大体10000-20000程度はあるので

防水性に関してはあまり気にしなくてよいと思います。

透湿性に関しても、レインウェアを着て山を縦走するだとか

トレランをめっちゃするとか以外は全く問題ないレベルです。

なので、タウンユースやフェス、キャンプに来ていくレベルのものであれば

無理してゴアテックスでなくともいいのです。

ゴアテックスの唯一の弱点は伸縮性に乏しいことです。

他メーカーは耐水圧、透湿性こそ劣るものの、後述のポールワーズや

エバーブレス等はめちゃくちゃ伸縮性があって着やすいです。

※ゴアテックスの最新素材Cニットバッカーはある程度の伸縮性を確保した新素材です。

ゴアテックス以外の透湿防水素材

ゴアテックスがあまりに有名ですが、それ以外にも各社研究を重ねて透湿防水素材をリリースしています。

各社ともに特色があるので早速紹介していきましょう。

ノースフェイスの独自透湿防水素材HyVent/Hyvent-D/HYVENT ALPHA

f:id:hottyhottea:20180514231547g:plain

ノースフェイス独自の透湿防水素材はハイベントといいます。

優れたPUコーティングによる耐水性と透湿性、防風性を兼ね備えた防水透湿素材です。

雪や雨などをシャットアウトし、ウェア内の水蒸気を排出して最適な湿度を保ちます。

ハイベント-Dは2.5層構造で軽量

ハイベントアルファは保温性が高くストレッチが効きます。

数値等は未掲載。

同じ形でもハイベントを使っているドットショットジャケットと

ゴアテックスを使っているクラウドジャケットではジッパーの形状や縫い目の処理が違うのが特徴です。。

パタゴニアの独自透湿防水素材-H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル

パタゴニア独自の透湿防水素材はH2Noパフォーマンススタンダードシェルという少々舌を噛みそうなネーミングです。

2層、2.5層、3層のものが存在しており、層が増えるごとにより頑丈に性能が上がっていく印象です。

数値等は未掲載だが、耐水圧は最低20000mm以上を確保するとしているため、通常使用以外にも登山等で使用しても問題ないレベルでしょう。

コロンビアの独自透湿防水素材-オムニテック(OMNI-TECH)

コロンビア独自の透湿防水素材はオムニテックといいます。

コロンビアはオムニ○○が非常に好きですよね。

安価というだけあって、レイヤーだったり耐水圧等の記載は見られません。

ちょっと頼りない感じがしますが、タウンユースなら問題ないレベルでしょう。

なにより他のメーカーにはないおしゃれさが魅力的ですね。

モンベルの独自透湿防水素材-ドライテックなど

mont-bell(モンベル)独自の透湿防水素材はドライテックといいます。

ドライテックの他に/フリーズドライテック/ドライライトテック/ハイドロブリーズ/スーパーハイドロブリーズ/スーパーストレッチハイドロブリーズ

があります。どれも耐水圧は20000-25000程度と申し分ないです。

透湿性に関してはハイドロブリーズのみ5000だが、他は軒並み10000以上。

やはりモンベルは安価で信頼できるメーカーです。

ポールワーズの独自透湿防水素材-Dual Force(デュアルフォース)

Pole Wards(ポールワーズ)独自の透湿防水素材はデュアルフォースといいます。

数値の公表はないが、3層構造で素材自体が非常にストレッチが効くのが特徴です。

伸縮性に富むため、エバーブレスと並んで着やすいですね。

個人的には一番着心地が良かったです。

ファイントラックの独自透湿防水素材-EVER BREATH(エバーブレス)

finetrack(ファイントラック)独自の透湿防水素材はエバーブレスといいます。

耐水圧35000、透湿性10000と申し分ない数値です。

こちらもディアルフォースと同じく非常にストレッチが効いており着やすいのが特徴です。

おすすめの透湿防水素材のジャケット

f:id:hottyhottea:20180621030508j:plain

さて、たくさん紹介してきましたが一体どれが良いのでしょうか。

やはりほしいものは人それぞれ…用途や着目点によって変わってきますね。

筆者の目線でおすすめを紹介していきましょう。

コスパ抜群!安価で高性能な透湿防水素材レインジャケットはモンベル/ファイントラック

紹介してきた中で詳細なスペックが公開されていたのは

  • モンベル
  • ファイントラック

の2社です。

この2社はゴアテックスに追従するスペックで且つ安価ということで非常にお勧めできるレインジャケットといえます。

特にモンベルは日本人に合ったデザインとなっているため、非常に着やすいですね。

モンベルで選ぶなら「ストームクルーザージャケット」がおすすめです。

[送料無料]モンベル 1128615 ストームクルーザージャケット レインウェア ダークチャコール

ただし、伸縮性に乏しいのがデメリットです。

それを補うのはファイントラックにエバーブレス素材を使ったジャケットです。

モンベルよりも値段は張りますが、着心地は抜群です!

ファイントラックのジャケットでおすすめなのは「パリオジャケット」です。

デザインと機能を重視!おしゃれな透湿防水素材レインジャケットのおすすめはパタゴニア

パタゴニアの透湿防水素材についても詳細なスペックが公表されています。

いままで見てきた中ではデザインが最も素晴らしいのがパタゴニアです。

おすすめはトレントシェルジャケットです。

着心地重視!ストレッチ性に富んだ透湿防水素材レインジャケットはポールワーズ

個人的にストレッチが効いて一番着心地が良かったのはポールワーズでした。

ポールワーズは紹介してきた中でも断トツの知名度の低さを誇ります。

…いい意味ではだれとも被らないですね。

北極へいけるレベルのジャケットを作っていますので間違いはありません。

おすすめなのは「レインジャケット」です。

番外編!透湿防水素材レインジャケット最も美しいデザインはアークテリクス

デザイン重視で見たときに、もっともシルエットが美しいレインジャケットは「アークテリクス ベータSL」でしょう。

レインジャケットというと大体は大きめで作ってあります。

しかし、アークテリクスのジャケットはこれでもかというくらいタイトに作られています。

日本人が着るにはスマートな方だけにしておいた方がいいかもしれません。

おすすめは「ベータSLハイブリッドジャケット」です。

こちらでも合わせて紹介していますのでご覧ください。

ゴアテックス搭載スニーカー・靴おすすめ9選【雨・雪でもOK】 最近、ゲリラ豪雨など、急な雨に見舞われることが非常に多くなりました。 また、関東でも大雪になることが多くなってきており、防...

まとめ

f:id:hottyhottea:20180621032917j:plain

雨が多くなってくる時期はゴアテックスジャケットの人気が高まります。

やはり5月~7月の梅雨シーズンと9月~11月の秋雨シーズン、12月~2月までの雪のシーズンで人気です。

しかしゴアテックスを使用したジャケットは結構高価です…。

そんなときは当サイトで紹介した独自の透湿防水素材を使ったジャケットにしましょう!

自社開発製品なのでゴアテックスジャケットに比べると安価な場合が多いです。

良い一枚に出会えるといいですね。

ゴアテックスジャケットおすすめ5選!3万円以下で探すコスパ抜群の商品はコレ 巷でよく耳にするゴアテックス。 だいたいのイメージは「雨に強い!」という感じだと思います。 本日はあんまりよく知らな...
ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。