Daily Tura Tura in Kawamura
アウトドア

ゴアテックス以外にもおすすめ!透湿防水素材の種類と選び方。

f:id:hottyhottea:20180621030628j:plain

前回はゴアテックスのレインウェアの紹介でした。

あまりにも有名なゴアテックスは透湿防水素材の代表です。

ただ、ゴアテックスを採用するには

ジッパーを止水ジッパーにしたり、生地同士の縫い目をできる限りなくしたりと

その素材を使った製品を作ろうとすると非常に細かな指定と制約があるようです。

最強の透湿防水を謳うゴアテックスのこだわりというわけですね。

しかも採用するとなるとコストがかかってしまいます。

ですので自社独自で透湿防水素材を開発、採用しているメーカーも少なくありません。

そんな自社独自の透湿防水素材を紹介します。

 

耐水圧(mm)と透湿性(g/㎡/24h)

f:id:hottyhottea:20180621030238j:plain

この耐水圧というのはどれたけ雨に打たれても雨が染みないかということです。

要するに防水性の目安です。

一般的には

耐水圧20,000 嵐でも大丈夫

耐水圧10,000 大雨でも大丈夫

耐水圧2,000     中雨くらいなら大丈夫

耐水性300  小雨くらいなら大丈夫。

という目安です。

耐水圧300は一般的に言う傘です。

耐水圧2000というと100均のレインウェアレベル。

加えて「濡れた場所への圧力」という観点からでは

濡れた場所に腰掛ける  耐水圧2,000以上必要

濡れた場所にひざまずく 耐水圧11,000以上以上必要

となります。

「じゃあ雨対策のカッパなら100均でもいいね!」

とならないのが透湿性の問題です。

100均のレインウェアはもはやビニールです。

外からの雨は防げても中は汗で蒸れ蒸れでびしょびしょです。

これを解決するのが透湿素材です。

透湿素材とは蒸気のみを外に逃がす特性をもった素材です

一般的には

大人安静時で1時間あたり:約50g

軽い運動で1時間あたり:約500g

ランニング等の激しい運動で1時間あたり:約1,000g

の蒸気を汗として放出します。

透湿性のg/㎡/24hという単位は

24時間に1平方メートルあたり何グラムの蒸気を放出できるかということです。

蒸れにくいという観点では8,000以上

べとつきにくいという観点では20,000以上は必要といわれています。

ゴアテックスのスペック

f:id:hottyhottea:20180621030345j:plain

ゴアテックスのスペックを見てみましょう。

耐水圧 28,000以上

透湿性(g/㎡/24h) 13,500以上

嵐でも大丈夫:耐水圧20000以上

蒸れにくい:透湿性8000以上

耐水圧に関しては全く問題ありませんね。

透湿性に関して言えば数値上は若干低い気がしますが

上記値はゴアテックスの一番基本的な値です。

最近非常に採用が増えてきているCニットバッカーというゴアテックス素材は

透湿性25000以上と問題のないレベルです。

一般人が必要とする透湿防水性能

f:id:hottyhottea:20180621030433j:plain

透湿防水素材のジャケットを選ぶ基準としては

  • 嵐でも大丈夫:耐水圧20000以上
  • 蒸れにくい:透湿性8000以上

でした。

どのメーカーも耐水圧に関しては大体10000-20000程度はあるので

防水性に関してはあまり気にしなくてよいと思います。

透湿性に関しても、レインウェアを着て山を縦走するだとか

トレランをめっちゃするとか以外は全く問題ないレベルです。

なので、タウンユースやフェス、キャンプに来ていくレベルのものであれば

無理してゴアテックスでなくともいいのです。

ゴアテックスの唯一の弱点は

伸縮性に乏しいことです。

他メーカーは耐水圧、透湿性こそ劣るものの、後述のポールワーズや

エバーブレス等はめちゃくちゃ伸縮性があって着やすいです。

ゴアテックス以外の透湿防水素材

HyVent/Hyvent-D/HYVENT ALPHA

f:id:hottyhottea:20180514231547g:plain

ノースフェイス独自の透湿防水素材。

優れたPUコーティングによる耐水性と透湿性、防風性を兼ね備えた防水透湿素材。

雪や雨などをシャットアウトし、ウェア内の水蒸気を排出して最適な湿度を保つ。

ハイベント-Dは2.5層構造で軽量。

ハイベントアルファは保温性が高くストレッチが効く。

数値等は未掲載。

同じ形でもハイベントを使っているドットショットジャケットと

ゴアテックスを使っているクラウドジャケットではジッパーの形状や縫い目の処理が違う。

H2Noパフォーマンス・スタンダード・シェル

パタゴニア独自の透湿防水素材。

2層、2.5層、3層のものが存在。層が増えるごとにより頑丈に性能が上がっていく印象。数値等は未掲載だが、耐水圧は最低20000mm以上を確保するとしている。

オムニテック(OMNI-TECH)

コロンビア独自の透湿防水素材。

安価というだけあって、レイヤーだったり耐水圧等の記載は見られない。

ちょっと頼りない感じがしますが、タウンユースなら問題ないでしょう。

ドライテック他

mont-bell(モンベル)独自の透湿防水素材。

ドライテックの他に/フリーズドライテック/ドライライトテック/ハイドロブリーズ/スーパーハイドロブリーズ/スーパーストレッチハイドロブリーズ

があります。どれも耐水圧は20000-25000程度と申し分ない。

透湿性に関してはハイドロブリーズのみ5000だが、他は軒並み10000以上。

やはりモンベルは信頼できる。

Dual Force(デュアルフォース)

Pole Wards(ポールワーズ)独自の透湿防水素材。

数値の公表はないが、3層構造で素材自体が非常にストレッチが効く。

エバーブレスと並んで着やすい。

EVER BREATH(エバーブレス)

finetrack(ファイントラック)独自の透湿防水素材。

耐水圧35000、透湿性10000と申し分ない数値です。

こちらもディアルフォースと同じく非常にストレッチが効いており着やすい。

おすすめの透湿防水素材のジャケット

f:id:hottyhottea:20180621030508j:plain

スペックが公表されているもので言うと

  • モンベル
  • ファイントラック

の2社はゴアテックスに追従するスペックで且つ

安価ということで非常にお勧めできるレインジャケットといえます。

ただし、ファイントラックに関して言うと若干のもっさり感というかデザインで

今一つな部分もありそうです。しかし、伸縮性を考慮すると

エバーブレスに軍配が上がります。

これを踏まえると、カラーバリエーションも豊富なモンベルがおすすめといえます。

また、スペックが公表されて且つ

デザインで言えばダントツでパタゴニアでしょう

個人的にストレッチが効いて一番着心地が良かったのはポールワーズでした。

まとめ

f:id:hottyhottea:20180621032917j:plain

いかがでしたでしょうか。

まだまだ紹介しきれないメーカーや透湿防水素材がたくさんあります。

タウンユースで着るのであれば

透湿防水素材が使われているのであれば

そのスペックよりもデザインで選んでもいいのかもしれませんね。

関連記事はコチラ。