カワムーラの日々のツラツーラ

カワムーラがお送りする日々気になることTIPS!節約術やおすすめ商品等、生活の役に立つ情報を発信!商品レビュー受付中。

ブログ初心者必見!アフィリエイトデビューは「もしも」で決まり

f:id:hottyhottea:20180608004714p:plain

はてなブログをはじめてもうすぐ2か月が経ちます。

私が本格的にブログをはじめたのは「アフィリエイト」に興味を持ったからでした。

ブログをやっているひとであれば「アフィリエイト」という言葉を聞く機会は

多くあることだろうと思います。

ただ

「なんか怪しそう…」

「怪しいお金儲けの話だわ…」

みたいな認識が結構あると思います。

私もそうでした。

本日はそんなちょっぴり怪しい匂いのする

「アフィリエイト」についてツラツーラと解説していきます。

 

「アフィリエイト」っていったい何?

f:id:hottyhottea:20180611011723j:plain

ちょっぴり怪しそうな匂いがする「アフィリエイト」

きっと金がらみなんでしょ…という言葉が聞こえてきそうですが

答えは「まさにそうです」「正解!」です。

ただ怪しいかどうかというと、取り扱うコンテンツによるかと思いますが

基本的には怪しいものはないと思います。

 

「アフィリエイト」とは

自分が取り上げた/紹介した商品が購入されたときに

紹介料として売上金額の数%が紹介者に還元される仕組みです。

 

たとえばここに私の大好きなダナーの新作

「ダナーフィールド」を紹介したとしましょう。

このダナーフィールドがこのブログを見てくれている人の誰かが

興味を持って購入してくれたとしましょう。

そうすると、私の元に紹介料として売上代金の数パーセントが還元されるのです。

還元率は後述しますが、数パーセントであることがほとんどなので

還元額としては数百円程度です。

ただ、私のように

「いいと思ったものをブログで紹介したい!」

という趣旨であれば、商品の紹介もできて、ちょっとジュース代が貰えて

一石二鳥ですよね。

紹介していた商品の使い心地をネット検索で探して来た人がブログをみて

「買いたい!」と思った時に購入リンクがあったら便利ですよね。

 

 

このようにアフィリエイトは

紹介者/購入者にとってWin-Winな関係となっています。

リンクが貼ってあっても押し売りをしているわけではないですし

そのリンクをクリックしたり、購入したりするかどうかは読者にゆだねられています。

 

アフィリエイトの仕組み自体は怪しくはありません。

ただ、紹介している商品が

「何日間で10kg痩せる!」とか

「シミが一瞬で消えるクリーム!」とかだとちょっと怪しいですよね。

それでも、そのリンクをクリックするかどうかは読み手次第ですので

ページを読み込んだからといって何か特別悪いことが起きることはありません。

 

大手ショッピングサイトでのアフィリエイト

f:id:hottyhottea:20180611011902j:plain

ショッピングサイト大手では楽天、Amazon、Yahoo!があります。

この中で独自にアフィリエイト運営をしているのが

楽天とAmazonです。

ただ、両社共に利益受け取りのハードルが非常に高く

一般ユーザーにとっては

非常に扱いにくくなっています。

 

<楽天の場合>

月間の報酬総額が5000円以上の月が連続して3か月以上継続した場合に

はじめて利益が口座に振り込まれます。

それよりも低い報酬額だと、楽天スーパーポイントや楽天キャッシュといった

いわゆる「楽天でしか使えない電子マネー」としてしか受け取ることができません。

例えば、報酬率5%の商品を紹介したとしましょう。

月間利益が5000円以上になるにはその商品の単純売り上げが

10万円以上となる必要があります。

アクセス数のある人気ブログや商品紹介が非常に巧みなブロガーの方以外は

かなりハードルが高いです。

結局は売り上げがあっても楽天での買い物にしか使えないため、楽天の利益になってしまいます。

参考サイト:楽天アフィリエイト:成果報酬のお支払いについて

 

<Amazonの場合>

月間の報酬総額が5000円以上となった場合のみ銀行振込にて支払われます。

また、報酬が500円以上5000円未満の場合は

Amazon商品券での支払いとなります。

Amazonの商品は報酬単価が1%台のものが多く、5000円以上の収益を上げるには

月間50万円以上の商品売り上げを出さなくてはいけません。

楽天よりもさらにハードルが高いです。

これも一般的なユーザーであればかなり超えにくいハードルとなるでしょう。

 参考サイト:アソシエイト・セントラル - Amazonアソシエイトへようこそ - クイックツアー

 

ASPサイトの強み

f:id:hottyhottea:20180611012141j:plain

アフィリエイト・サービス・プロバイダ

の略称です。

商品購入を斡旋したい広告主と

商品紹介で利益を出したいブロガー等の橋渡し役であり

ASPが中間に入ることで

少ない売り上げでも、紹介者に報酬を還元できるようになっています。

ASPは現在では非常に多くありますが

そのほとんどは

月間売り上げが1000円以上となった場合に銀行振込

をしてくれるところが多いです。

また、楽天のように「連続して3か月以上」 という縛りはなく

売り上げ累計額が基準に達した際に銀行口座に振り込まれるという仕組みとなっているため

大手2社のアフィリエイトに比べると非常に

利益が現金化されやすいメリットがあります。

さらに、インターネットプロバイダの加入や宅配クリーニングの申し込みの斡旋

など、多岐に渡るアフィリエイト案件を持っていますので

単純に「商品紹介」以外の案件でも収益を上げやすい仕組みとなっています。 

現実的には厳しい?アフィリエイトでの収益化

f:id:hottyhottea:20180611012330j:plain

大体商品を紹介する場合、購入サイトへのリンクは

楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングのいずれかになるでしょう。

前述した通り、楽天、アマゾンは非常に敷居が高く、収益の受け取りは見込めません。

ヤフーショッピングに至っては直接的にはアフィリエイト提携は

そもそもやっていないので、どうしようもありません。

 

ネットショッピングで何かものを買うというユーザーの多くは

自分の「お気に入り」のショッピングサイトがあります。

楽天カードを持っていて、楽天のポイントがためやすい人は楽天市場を

アマゾンプライム会員になっていて、送料無料の恩恵を受けたい人はアマゾンを

Tポイントカードを中心にためている人であればヤフーショッピングを
それぞれ使うはずです。

 

ネットショッピングで楽天市場へのリンクしかない場合

アマゾンユーザーとヤフーショッピングユーザーはおそらく楽天からは購入しないでしょう。

かといって、商品の売り上げを伸ばすには楽天ユーザー一本に絞っても

月間10万人以上の収益を3か月連続で上げなければいけないという壁があるため

他2つのショッピングサイトを利用しているユーザーも取り込みたいです。

ただ、ヤフーショッピングはそもそもアフィリエイトがないし

アマゾンも楽天同様に収益の支払い条件が厳しい…。

 

これを聞いた人は

「積んだなw」

 「これは収益なんて上げられないな」

となるでしょう。

私もそうでした。

 

 

全てを解決するのが「もしもアフィリエイト」

そんな悩みを解決するアフィリエイトサービスプロバイダが

もしもアフィリエイトです。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト自体が
楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングとアフィリエイト提携をしており
もしもアフィリエイトに登録したのちに
それらのショッピングサイトのアフィリエイトリンクを作成すれば
全ての収益がもしもアフィリエイトを経由して支払われます。
先程の悩ましい状況を一手に解決してくれます。
さらにもしもアフィリエイト のすごいところは
 
・登録料は無料
・月間報酬1000円以上で口座振り込み
・提携口座(住信SBIネット銀行)を持っていれば1円から報酬支払い
・振込手数料無料

⇒もしもアフィリエイトの詳細を確認する

 

ということは

一つの商品に対して大手3社の商品紹介リンクを張っておけば

どこのサイトで商品が購入されたとしても

収益が発生するのです。

 

これは本当に目から鱗ですね。

 

まとめ

f:id:hottyhottea:20180611012604j:plain

わたしもまだまだブログを始めたばかりで

わからないことが多いのが正直なところです。

時代の流れに敏感な人は、現在の職業だけではこれから先生きていけないのではないか

という不安を抱いてらっしゃるかと思います。

私のその一人です。

自分の好きなことをブログで紹介して

それでちょっとお小遣いがもらえて

さらにブログ運営やアフィリエイトサイト登録はまったくリスクがない…

投資やFXと違い

ノーリスクで誰でもチャレンジできるということが

アフィリエイトの最大の魅力だと思います。

公式サイトでも非常に丁寧に紹介されていますので

一度覗いてみてはいかがでしょうか。

⇒もしもアフィリエイトの詳細を確認する