Daily Tura Tura in Kawamura
雑記

新潟人が食べる!ブルボン「ルマンドアイス」のおいしさ

f:id:hottyhottea:20180602003953j:plain

ブルボンの銘菓 ルマンドがアイスになった!

メディア各種で取り上げられて一躍有名になったルマンドアイス。

最近では北陸限定でロイヤルミルクティー味が発売されて

再注目されています。

本日はそんな新潟産のルマンドアイスについて

ツラツーラと解説していきます。

ブルボンと私

f:id:hottyhottea:20180602004100p:plain

新潟生まれ新潟育ちのカワムーラです。

近所にはブルボンの工場がありました。

昼夜問わずもくもくと白い煙を上げながら漂ってくるお菓子の匂い…

幼少期の私にとってブルボンは

「夢のお菓子工場」でした。

小学生の時、学校の近所にあったブルボンから甘い匂いが漂ってきて…

授業中に無性に腹が減って腹の虫を鳴かせていました。

職業体験でもブルボンは一番人気で、当然のごとく私は落選し

夢のお菓子工場への潜入は果たせませんでした。

高校生の時、体育の授業でのランニングコースがブルボンの隣の公園だったため

激しい運動の最中に強烈なお菓子臭と闘いながら走っていました。

さすがにランニング中にお菓子の匂いはきついな…と思いながらも

やはり「憧れのお菓子工場」への思いは消えませんでした。

「いつかはブルボンに入ってみたい…!」

部活引退後、縁があってついにブルボンへ行く切符を手にしました。

それは「短期アルバイト」という名の労働付き切符でした。

「やった!ついにブルボンへ行ける!長年の夢が叶った!」

バイト初日、工場内は外で嗅いでいたあの甘い香りの比ではなく

何倍にも濃縮されたお菓子臭で充満していました。

「好きなものも度を過ぎれば凶器になる」ということを

青年カワムーラは学んだのでした。

…。

バイトをやめて十数年経った今でも、製造ラインでお菓子を作っていたころの

あの当時の夢を見ます。

一番よく見るのが2個入りのドロップキャンディーの製造ラインにいたときの夢。

f:id:hottyhottea:20180602004216j:plain

ベルトコンベアで無限に運ばれてくる色とりどりのキューブの「不適合品」をひたすらつまみ出す。

新人の私は上流に配置され、下流のおばさま方から

「ハネが多いじゃないの!ちゃんと仕事しなさい!」と罵られていました。

迫りくるキャンディー臭、飴のように粘る身体、無限に湧き出てくるダイス…

…。

もはや今の私は昔の私ではありません。

「夢は夢のまま」にしておけばよかったと今でも後悔しています。

一躍有名になった「ルマンドアイス」

ルマンドとは1974年に発売されて今でも発売されている超ロングセラーなお菓子です。

「怒り新党」で紹介されて最近話題になりました。

ルマンドは何層にも重ねてパリパリに焼いたクレープクッキーの上に

ココア風味のチョコレートをコーティングしたお菓子です。

f:id:hottyhottea:20180601233508j:plain f:id:hottyhottea:20180601233527j:plain

断面はこんな感じ。

(食べ物の写真を撮るときは食べ物よりもきっと周囲に映るものが素材をおいしく見せるコツなんだろうと実感。)

食感は「サクッ」

味は見た目の印象とは裏腹に「意外にもあっさり」しています。

チョコレート!というほど甘くないので、チョコが苦手な人でも食べれそうです。

そんなルマンドをアイスに封じ込めてしまったのがこちら。

f:id:hottyhottea:20180601233830j:plain

ルマンドアイス。

2016年夏に新潟や北陸3県で販売がスタートしました。

新潟では当時「あ…あのルマンドが…!アイスに…アイスになったぞー!!!」

と謎の盛り上がりを見せていました。

何だかミーハーになりたくなかった私は、今日まで食べませんでした。

ふと立ち寄ったスーパーでルマンドアイスの新しい味が発売されていたので

どうせならということで、ルマンドとルマンドアイス2種類を買ったのでした。

f:id:hottyhottea:20180601234154j:plain

新商品のルマンドアイス ロイヤルミルクティー味(2018年3月26日発売)

このロイヤルミルクティー味、まだ新潟と北陸3県のみでしか買えないようです。

普通にスーパーでたくさん売っています。

 

まずは開封の儀を執り行うのである

f:id:hottyhottea:20180601234624j:plain

開封するとたわら状の最中が4つ連なったものが入っていました。

ルックス的には週1以上で食べているであろう「チョコモナカジャーンボ!」に似ている。

何も考えずとも4つに割れるため、シェアしやすい。

女性の場合、これを丸ごとかぶりつくのには抵抗があるであろう、

4つに割れると一口サイズでちょうどいい。

f:id:hottyhottea:20180601234955j:plain

包丁で切ってみた。

おお!まさにルマンドが入っている!

この断面を見る限りでは

ルマンドを核にバニラアイス、薄いチョココーティング、最後に最中という

4層構造になっているようだ。

さっそく食べてみる

「いただきます!」

もぐ。

…むしゃむしゃ。

??

最初に思ったのは「??」でした。

ルマンド特有の「パリっ」がないのです。

入っている中身的にはおそらくルマンドそのもの。

ただ、バニラアイスに封じ込められているためかクレープクッキー生地が水気を帯びて

サクサクした食感はありません。

それでもバニラアイスの中に広がるあの「ルマンド」の風味は懐かしいあの味。

お世辞抜きに「うまい」と思うアイスでした。

パッケージ裏を見てみる

何の気なしにパッケージの裏を見てみました。

f:id:hottyhottea:20180601235634j:plain

製造者:株式会社ブルボン 新潟県柏崎市駅前1丁目3番1号

ほほう、やはりブルボンの本社は新潟は柏崎にあるんだな。

柏崎といえばB級グルメ選手権でグランプリを取った

「鯛茶漬け」が有名ではないか。

その下。

製造所:株式会社ブルボン 新潟工場 新潟県新潟市西蒲区巻乙480番地

…!!??

私の元バイト先でした。

今もよく車でブルボンの前を車で通ります。

有名になったケーキ屋さん「プレジール俵屋」の裏手です。

蘇るドロップキャンディーの記憶…。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まさかこんなオチになるとは自分でも思ってもいませんでした。

ルマンドアイスは2018年2月12日から関東エリアでも販売が開始されたそうです。

現在新潟と北陸3県限定のルマンドアイス「ロイヤルミルクティー味」も

こちらから購入いただけます。

ルマンドアイスファンの方は一度ご賞味あれ!

関連記事はコチラ