<GreenEchoesStudio運営サイト紹介>


レンタルwifiルーターの選び方を解説

>レンタルワイファイナビ(クリック)
IT関連

WindowsのメインHDDをクローン化してSSDに交換する方法

f:id:hottyhottea:20180527224938j:plain

「このパソコン、もう買って何年経つのかな…」

「なんだか動きも遅くなってきたし、もう買い替えかな…」

「せっかく入れたソフトもまた一からやり直しか…」

なんていう悩みは誰しも思うことでしょう。

ちょっと待ってください!

まだそのパソコン、現役で使えるかもしれません。

本日はHDDをSSDへ交換して

「旧スペックのパソコンを高速化する」方法を解説します。

メインストレージを交換する時の一番のハードルは「OSの載せ替え」です。

これに関して今回は、ストレージをOS丸ごとクローン化してしまう=全く同じ内容のものを複製することで、OSの再インストールを回避しています。

パソコンが遅いと感じる原因はHDDに問題がある

f:id:hottyhottea:20180528004401j:plain

パソコンが遅い理由はいろいろとありますが根本的には組み合わせているパーツに問題があります。

こちらでも詳しく解説しています。

「このパソコン、古くなったな…」と感じる機種の多くは

メインストレージにHDD(ハードディスクドライブ)を使っているものがほとんどだと思います。

ディスクが物理的に回転してデータを読み書きしているため動作は非常に遅くなります

一方、最近主流のSSD(ソリッドステートドライブ)は可動部分がないため非常にデータの読み書きが高速です。

最近では標準でSSDをメインストレージに採用している機種が多くなってきておりこの点において埋めようのない「速度の差」が出てきています。

一般的にはHDDの速度は速くて100MB/secですがSSDは遅くとも500MB/sec以上はでます。

最低でも単純に5倍の動作の差が生まれてきます。

パソコンの高速化にはSSDへ交換するのが一番効果が高い

パソコンの起動速度や処理速度を上げる一番手っ取り早い方法は

HDDをSSDに交換することです。

「えーっ!そんな専門家じゃないし知識も全然ないしできないよ!」

と思う方がほとんどだと思いますが

意外と簡単です。プラモデルより簡単です。

手順としては

  1. 希望の容量のSSDとSSDを外付けストレージにするパーツを購入する
  2. パソコンに専用ソフトをインストールする
  3. 外付けSSDをパソコンにつないでHDDをコピー(クローン化)する
  4. パソコンの裏ブタを外してHDDとSSDを入れ替える

わずか4stepsです。

今回は私の化石パソコンで実際にやってみます。

まずは紹介を。

f:id:hottyhottea:20180527230547j:plain

FRONTIER FRNX721

  • OS:Windows 8 (Windows 10にアップデート済)
  • CPU:Intel®Core i7 3632QM@2.2GHz
  • RAM:8GB
  • HDD:500GB
  • 発売日:2012年

6年落ちのPCです。

もちろんハードディスク採用。

ここのところなんだか動きが遅い。

起動まで2分くらいかかるし、ネットサーフィンしていてもフリーズすることが多い。

f:id:hottyhottea:20180527231412j:plain

CPUのスペックはかなり高い。

CPUの性能をみるPassMark(数値が高いほど高性能)で比べると

Intel®Core i7 8650U(最新機種):PassMark 9275

Intel®Core i7 3632QM(私の化石パソコン):PassMark 6984

Intel®Celeron G1840(まさに今使っているデスクトップPC):PassMark 2937

私のデスクトップパソコンをはるかに凌ぐ数値です。

ちなみに私のパソコンの電源投入から起動までの時間は約10秒です。

ここでも

パソコンの挙動はCPUよりもストレージの読み込み速度に依存している

ことが分かります。

 

OSデータをクローン化してSSDに交換する方法

それでは実際にHDDをクローン化してSSDに交換する方法を解説します。

1.SSDを購入しよう

まずはSSDを購入しましょう。

私は評判が良かったcrucial MX300(275GB)を購入しました。

f:id:hottyhottea:20180527232404j:plain

購入するときに注意することは元々のHDDの使用容量がどれくらいか考えることです。

HDDに比べるとSSDは容量が大きいものほど高いです。

元々のHDD容量が1000GBだといって1000GBのSSDを買おうとすると4万円くらいします。

なので、HDDの中身の不要なデータやソフトをあらかじめ削除してスリムにした状態でどのくらいの容量のSSDにするか考えた方がいいです。

データ整理に私が使っているのは「CCleaner」です。

「CCleaner」定番のシステムクリーナーソフト – 窓の杜ライブラリ

不要ソフトを選択して簡単にアンインストールできたり不要ファイルを検索して削除することができます。

2.外付けドライブ化するパーツを購入する

SSDはそのままで駆動させることはできません。

内蔵して起動させるか、外付けハードディスク化して、USBで接続しなくてはいけません。今回は記録メディアのクローン化を行うため、購入したSSDを外付けドライブとして使うパーツを購入します。

USB3.0 2.5インチ SATA HDD/SSD用 ケース ハードドライブケース アルミ合金 エンクロージャ USBケーブル付き 工具不要 軽量 ◇EB-2506U3【メール便】

購入したSSDをケースの中に入れると外部ストレージとして使用できるようになります。

余談ですが、市販の外付けSSDドライブを購入するよりも

SSDと外付けキットを別に購入して組み合わせた方が2-3割安く購入できます。

また、手持ちの外付けHDDを分解すれば、この費用の出費も抑えることができます。

基盤だけ取り出して接続しているのが下記図です。

f:id:hottyhottea:20180527234103j:plain

基盤丸出しですがちゃんと使えます。

3.SSDをNTFSでフォーマットする

外付けSSDをUSBケーブルでパソコンに接続します。

外部ドライブとして認識したらフォーマットの指示が出ますので「NTFSでフォーマット」を選択してフォーマットを行います。

3.Easus Todo Backupをインストール

f:id:hottyhottea:20180528003221j:plain

繋いだらハードディスクのデータをそのままコピペ…というわけにはいきません。

OSをそのままクローン化する専用ソフトが必要になります。

ストレージの中身は

  • Windows自体がインストールされている領域
  • その他データ領域

が入っていますが、Windowsが起動している以上Windowsのインストールデータそのものはコピーできません。

通常の手順であればストレージを換装する場合いちからWindowsをインストールし直さなければいけないのです。

それは面倒なので、まったく同じものを複製するという裏ワザを行います。

裏ワザソフトは「EaseUS Todo Backup Free」です。

「EaseUS Todo Backup」無償のイメージバックアップソフト – 窓の杜ライブラリ

なんと無料です。素晴らしい。

上記リンクからダウンロード後、アナウンスに沿ってインストールしましょう。

手順に沿えば簡単にインストールできます。難しいセットアップはありません。

詳細は公式HPよりご覧いただけます。

4.Easus Todo Backupを使ってHDDをクローン化する

外付けにしたSSDをUSBケーブルでパソコンにつないだ状態でEaseUS Todo Backup Freeを起動します。

f:id:hottyhottea:20180527235315j:plain

起動画面です。

画面右上の「クローン」を選択します。

f:id:hottyhottea:20180527235347j:plain

ハードディスク0 がメインストレージになるのでここにチェックを入れます。

それから 次へ を選択します。

f:id:hottyhottea:20180527235419j:plain

繋いだ外付けSSDが ハードディスク1 です。

ハードディスク1 にチェックを入れて 次へ を選択します。

※この次の画面で「パーテーションの選択」が出る場合があります。

パーテーションとはストレージの中の仕切りのことです。

一つのストレージを仕切ることで「Cドライブ」「Dドライブ」と区切ることができます。

容量の指定を迫られた場合はCドライブ:Dドライブ=7:3の設定だと無難です。

手順は以上です。

これでクローン化が完了するまで待ちます。

 

ダイアログに「MBRのクローンが成功しました」というログがあると成功です。

5.パソコンからHDDを取り外してSSDと入れ替える

外付けSSDを外し、ケースから取り出します。

ここからいよいよ分解です

プラスドライバーを用意しましょう。

※私のパソコンはねじを外すだけで簡単に換装できましたが

厄介な機種はマザーボードを外す必要があったりします。

Google で

「自分の持っているパソコンの機種名 分解」

「自分の持っているパソコンの機種名 HDD 交換」

と検索すると大体分解方法が乗っています。

分解といってもねじを外すだけですので、よほどのことをしない限り壊れません。

f:id:hottyhottea:20180527235900j:plainまずはバッテリーのロックを外して、バッテリーを外します。

電力が残っている場合もありますので、バッテリーを外してから1分程度たったら作業しましょう。

f:id:hottyhottea:20180528000049j:plain

ねじを二か所外して裏部を横へスライドさせます。

f:id:hottyhottea:20180528000118j:plain

出てきました。HDDはTOSHIBA製のようです。

左へスライドさせて、それから斜め上へ引き上げると外れます。

f:id:hottyhottea:20180528000202j:plain

外れました。

f:id:hottyhottea:20180528000237j:plain f:id:hottyhottea:20180528000247j:plain

サイズはほぼ一緒です。

f:id:hottyhottea:20180528000315j:plain f:id:hottyhottea:20180528000325j:plain

重量は半分以下です。

SSDはほんとにおもちゃみたいな重さでした。

f:id:hottyhottea:20180528000355j:plain

ハードディスクがあった場所にSSDを差し込んで

蓋をしてねじを締めて完成です。

6.電源を投入して起動するかどうか確認する

電源投入すると

f:id:hottyhottea:20180528000457j:plain

認識されました。

f:id:hottyhottea:20180528001043j:plain

速度を調べる「CrystalDiskMark」でも500MB/秒を超えました。

「CrystalDiskMark」ストレージのデータ転送速度を測定 – 窓の杜ライブラリ

電源投入から起動までの時間は10秒程度に短縮されました。

使用している際のフリーズもまったくなくなりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

HDDの代わりに開発されたSSDはHDDと同じく2.5インチという規格なのでそのまま交換が可能です。

HDDはデスクトップであれば3.5インチ規格も存在しますがSSDは2.5インチ規格のみです。

ですが、3.5インチサイズにするマウントもあるのでこの換装方法はデスクトップパソコンでも可能です。

むしろ、デスクトップパソコンの方が分解が容易なので難易度は下がります。

最近のパソコンに採用されているストレージはいずれも小型化が進んでおり2.5インチ規格のSSDではなく

mSATAやPClE M2.等の規格も出てきており、いずれも高速です。

しかし、通常使用であれば500MB/sec程度の速度が出ていれば問題ありません。

それ以上の速度が出ていても、体感できる機会は少ないように思います。

眠っている古いパソコンを引っ張り出して

高速PCを作ってみましょう♩

AmazonでSSDを探す 楽天市場でSSDを探す Yahoo!でSSDを探す

関連記事はコチラ。

無料データ復旧・復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard(イーザスデータリカバリーウィザード) 」の使い方 「これら〇個の項目を完全に削除しますか?」 …あー!!消しちゃった!! なんてミス、一度はやってしまったことがあるの...

ABOUT ME
GreenEchoes Studio
GreenEchoes Studio
当サイトは新潟市にあるWEBサイト運営事業「GreenEchoes Studio-グリーンエコーズスタジオ-」が運営しています。ユーザー目線のサービスと情報を発信しています。

LINE@はじめました!

良ければ登録よろしくお願いします^_^

友だち追加

<GreenEchoesStudio運営サイト紹介>

レンタルwifiルーターの選び方を解説
>レンタルワイファイナビ(クリック)