Daily Tura Tura in Kawamura
ダナー

スノーピーク×ダナー"ダナーフィールド プロ"発売!ダナーライトとの違いを比較!

f:id:hottyhottea:20180505042704j:plain

ダナーフィールドプロの再入荷情報を追加しました。お急ぎの方はこちらからどうぞ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

老舗アウトドアメーカーsnow peakとDannerがタッグを組み

「Danner Field Pro.」をリリースしました。

ベースとなるのは3月にリリースしたばかりの新製品「ダナーフィールド」。

ダナーフィールドは

名作ダナーライトを踏襲しており、正当な後継モデルといえます。

製造工程全般を見直し

価格はダナーライトの半額以下と、非常にリーズナブルです。

「ダナーライトは高値の花」と思っていた方にも十分手が届くでしょう。

 

当記事では

ダナーフィールドの詳細スペックと

ダナーフィールドプロの紹介をツラツーラと解説していきます。

なお、ブログ掲載を快諾していただいたsnow peak広報担当の方につきましては

この場を借りて御礼申し上げます。

Dannerとは?

f:id:hottyhottea:20180617021945j:plain

1932年チペワフォールズでチャールズダナーが安い仕事用ブーツを5人の労働者と一緒に作り始め、一足4ドルで売ることから始まる。チャールズダナーがオレゴン州ポートランドでビジネスを展開。当時、質の高いチョークロガーを作り始めて一足20ドルで売り始める。
1959年、アメリカで初めてビブラムソールを用いたシューズを開発し、ダナーのマウンテントレールが一番登りやすいブーツとバックパッカー雑誌に取り上げられ、ダナーは ハイキング業界でプレミアなブランドとなりました。1979年には、靴企業では初めて”ゴアテックス”を使用したシューズを展開し、「ダナー」ブランドは確固たる地位に。
「軽量」で「快適」、1足、1足を厳選された素材で、時間をかけて丹念に手作業でシューズを作り上げる、というスタンスは今でも変わらない。

ダナー公式HPより引用

1932年創業のアメリカの老舗ブーツメーカーです。

はじめてブーツにGORE-TEX®を使用したことや

MADE in ITALYのVibramソールをいち早く取り入れたことで有名です。

その名を一躍有名にしたのが1979年発売の”Danner Light”のリリースです。

コーデュラナイロンと革を組み合わせることで軽量化を図り

履き口をコーデュラナイロン素材にすることで足へのフィッティングを高め

当時ブーツといえば重くて履きにくいという常識を根底から覆したのです。

「ブーツは足になじむまでが大変」と言うことは全くなく

履いた時から抜群のフィット感を誇ります。

Danner商品の値上げ

f:id:hottyhottea:20180617022140j:plain

 

2016年9月1日より主要モデルの大幅な値上げがありました。

かつては4万円台で購入できたダナーライトが今や6万円近くします。

「一生モノのブーツ!」と思えば安いものですが

やはり財布事情を考えるとなかなかその額を一括で払うとなると

かなりの決心が必要です。

履くほどに足になじみ

ソールを交換すれば10年でも20年でも履けることを考えると

1年でスニーカーを何足も買うよりずっと財布には優しいのですが

二の足を踏んでしまうことが多いでしょう。

この価格改定以前にも

ダナーライトの廉価版にあたる

ダナー D-7009 MUGHO ダナーライトタイプ

というものを発売していましたが、残念なことに

GORE-TEX®は非搭載でした。

f:id:hottyhottea:20180505042935j:plain

<D-7009 MUGHO>出典:楽天

定価27000円というリーズナブルな価格、ビブラムソール採用で話題を集めましたが

「完全防水」だからこそダナーライトという認識も多かったようで

いつの間にか姿を消しました。

ダナーフィールド発売

f:id:hottyhottea:20180617022902j:plain

2018年3月に「ダナーライトの後継」を謳う

ダナーフィールドが発売されました。

価格はダナーライトの半額以下です。

以前発売されていたMUGHOのようなノンゴアテックスではなく

GORE-TEX®ブーティー搭載の完全防水ブーツです。

生産国

f:id:hottyhottea:20180610022637j:plain

ダナーライトが本国アメリカポートランド州に対して

ダナーフィールドの生産はベトナムです。

恐らく、生産コストに大きく影響しているのだと思います。

ダナーとしてはかなり思い切った選択だったのではないでしょうか。

「安くて良いものを」という創業当時の理念を貫いた結果だと思います。

 

GORE-TEX®採用

f:id:hottyhottea:20180617030128j:plain

ダナーライトと同じく

インナーにゴアテックスブーティーを採用しています。

ゴアテックスとは簡単に言うと、外からの水分の侵入は防ぎ

中からの水分は逃すという二律背反のことを同時にこなすハイテク素材です。

これによって蒸れやすいブーツの中も快適に保ってくれます。

ビブラムソール採用

f:id:hottyhottea:20180617030429j:plain

こちらもダナーライト同様、通称クレッターリフトソールといわれる

「Vibram #148」ソールを搭載しています。

そしてもちろん、ソールの交換が可能となっています。

ダナー伝統のステッチダウン製法で作られているため

靴底部分のみの交換が可能となっています。

純正インソール付属

f:id:hottyhottea:20180617030522j:plain

純正インソールはOrthorite(オーソライト)というものが使用されています。

スニーカーでよく採用されているものをみかけるようになりました。

オーソライトとはポリウレタンを発砲させて作ったスポンジ素材です。

細かい無数の穴が開いています。

メリットは

  1. 軽量クッション性に優れる
  2. 通気性がよく、靴内部の湿度のコントロールができる。
  3. 抗菌、防臭作用
  4. 丸洗いできる

というインソールにとって必要な条件を

すべて満たしています。

ダナーライトにはインソールが付属しておらず

後程購入する必要があったため、インソール付属は非常に嬉しいですね。

レビュー

品質

「生産国がベトナム」という点では少なからず不安があると思いますが

ステッチの処理も非常に丁寧で、本家ダナーライトと比較しても

まったく品質に差はないように思いました。

f:id:hottyhottea:20180610032135j:plain

海外製品でみられるのは

ステッチがほつれていたり、均等でなく雑だったりするのですが

靴底とブーツを接着する縫い目をよく観察しても

非常に目が細かく均等に縫われており、仕事の丁寧さが伺えます。

革質

ダナーライトと同じく「ウォータープルーフフルグレインレザー」と使用しています。

比べてみても全く見劣りする感じはなく、違いはないように感じました。

近年のダナーライトは黒タグ時代のものに比べて

革の塗装が染料系の染みこませて着色するのではなく

顔料系の上に塗料の膜をのせてコーティングするようなものになっています。

このため、膜が張ったような感じになってしまい

履きこんでいくとビニールのようなしわになってしまいます。

f:id:hottyhottea:20180610025125j:plain

(左:ダナーライト 右:ダナーフィールドプロ)

これに対してダナーフィールドは、若干マットな仕上がりになっており

オイルドレザーに近いような風合いになっています。

ダナーライトに比べると経年でエイジングされやすいのは

ダナーフィールドの方かと思われます。

履き心地

f:id:hottyhottea:20180610024817j:plain

(左:ダナーライト 右:ダナーフィールドプロ)

ダナーライトに比べると70g近く軽くなっています。

たった70gですが、履き心地としてはまったく違います。

やはり靴は軽い方が断然履きやすいです。

オーソライト製のインソールと相まって

非常にクッション性に富んで履き心地がいいです。

もはやブーツを履いているとは思えないくらいです。

仕様の違い

f:id:hottyhottea:20180610031715j:plain

(左:ダナーライト 右:ダナーフィールドプロ)2018年6月10日追記

ダナーライトは靴紐を通す穴(シューホール)の上3つがフックになっており

そこに引っ掛ける形で紐を締め上げます。

確実に締まるのですが、引っ掛けて締めて…という作業は地味に時間がかかります。

その点、ダナーフィールドはシューホールの上3つを通常のシューホールにしているので

締める、緩める、といった作業が非常にやりやすかったです。

そしてダナーのロゴがヒール後面ではなく、側面に来ていました。

f:id:hottyhottea:20180610032859j:plain

(左:ダナーライト 右:ダナーフィールドプロ)

ダナーライトに比べてくっきりしっかり型押ししてあるため非常にかっこいいです。

f:id:hottyhottea:20180610040506j:plain

(左:ダナーライト 右:ダナーフィールドプロ)

特筆されていませんでしたが、サイドのコンビネーション素材はどうやらコーデュラナイロンではないようです。

ただ、手触りとしてはナイロン素材で、大きな違いは見られないように思いました。

カラーラインナップ

ダナーライト定番のカラーリングを彷彿とさせるカーキ×ブラウン

非常に人気の高かったセダ―レインボーを意識したダークブラウン×ブラウン

アウトドア色を抑えてよりアーバンな印象を与えるブラック×ブラック

f:id:hottyhottea:20180505043351j:plain

出典:ダナー公式HPより

加えて、スノーピークとコラボしたダナーフィールドプロは

BLACKとGREGIOの2色展開です。

f:id:hottyhottea:20180610014335j:plain

 

ダナーフィールドプロ発売

f:id:hottyhottea:20180505044459j:plain

スノーピーク×ダナー ダナーフィールドプロは6月9日に発売されました。

スノーピークは本社を新潟県三条市に構える

1958年に創業した老舗アウトドアメーカーです。

今年で創業60周年になります。

カラーラインナップ

・BLACK ・GREGIO

f:id:hottyhottea:20180505043509j:plain

出典:スノーピーク公式HPより

注目はGREGIOカラー。

スノーピークのテントで使用されているカーキ色をベースに

アクセントとしてスノーピークで使用されているキャンプ用のロープと

アルミ製の自在鉤をあしらったデザインとなっています。

f:id:hottyhottea:20180505043553j:plain f:id:hottyhottea:20180505043616j:plain

スノーピークファンにはもうたまらない配色デザインですね!クール!

ブラックはGREGIOをベースにシックに全体を黒で統一。

アクセントのメタリックレッドのシューホールがきらりと光り

おしゃれさを演出しています。

f:id:hottyhottea:20180505043933j:plain f:id:hottyhottea:20180505043957j:plain f:id:hottyhottea:20180505044033j:plain

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダナーライトの正当な後継「ダナーフィールド」もさることながら

スノーピークとダナーがコラボした「ダナーフィールドプロ」も魅力的です。

在庫状況ですが、アマゾンで再入荷が見られましたが

現在品薄になっているようです。

現在購入できるのは、アマゾンもしくは一部のジャーナルスタンダード取り扱いの

ネットショップのみです。

ジャーナルスタンダード取り扱いのネットショップの在庫もチェックしていますが

どこも売り切れでした。

アマゾンが今のところ一番買いやすいかと思います。

下記からご覧いただけます。

※クリック先でサイズ/カラーの選択ができます。

個人的には長く使う一生モノになりうるのは定番カラーの

ダナーフィールドも捨てがたかったので

ダナーフィールドプロのGREGIOと

ダナーフィールドのBROWN×TANを所有しています。

あなたのお気に入りの一足が見つかるといいですね。

関連記事はコチラ。