IT関連

キャンプに!BBQに!Bluetoothスピーカー Anker Soundcoreレビュー!

f:id:hottyhottea:20180503224740j:plain

長かった冬も終わり、ようやく暖かくなってきましたね!

キャンプ、ハイキング、バーベキューの季節がやってきます!

そんな開放的な気分に華を添えるのはグッドミュージックですよね!

本日はご機嫌なビートを高音質で出力してくれるコスパ抜群な

「Anker Soundcore Bluetooth スピーカー」のレビューをしてみたいと思います!

そもそもBluetoothスピーカーって何?

f:id:hottyhottea:20180503225559j:plain

「Bluetooth(ブルートゥース)」とは

デジタル機器の近距離間データ通信に使う無線通信技術の一つです。

Wi-fiは複数の機器に同時に接続できてある程度距離が離れても大丈夫なのに比べて

Bluetoothは数メートルの距離で基本的には1対1での無線接続を得意としています。

Wi-fiに比べると格段に省電力なので

機器の電池を消費しにくいというメリットがあります。

Bluetoothスピーカー

主にスマートフォンからの音楽を無線でスピーカーにデータを転送し

高音質で再生するハイテクスピーカーです。

「無線」というところがポイントですね!

お気に入りのiTunes楽曲やストリーミングでのプレイリストミックスを

スマートフォンがポケットに入っている状態でも再生してくれます!

おすすめのストリーミングサービスはPrime Musicです♪

こちらの記事を参考にしてください!

新進気鋭のブランド「Anker」とは

スピーカーで有名なのはJBLやBOSE,SONY,JOWBONE等があります。

もちろん高音質で非常に満足度は高いのですが

その分値段も高額となりがちです。

「高音質で価格もリーズナブルな商品はないものか?」

そんな言葉がぴったりなメーカーが「Anker」です。

Anker (エレクトロニクス) – Wikipedia

元々はGoogleに勤務していたスティーブ・ヤンという人物が安価なモバイルバッテリーを供給するために2012年に作った会社です。。

現在では規模を拡大し、日本を含む世界9か国で展開しています。

「Amazonランキング大賞 2017(年間ランキング)」では

【携帯電話・スマートフォン総合】

【バッテリー・充電器】

【スマホアクセサリ】

【ポータブルスピーカー】

計4部門で1位を獲得するなど業績を大きく伸ばしています。

すごいねAnker!

出力に合わせて選べるラインナップ

現在AnkerのBluetoothスピーカーは出力と仕様に応じて6種類の展開をしています。

製品名出力再生時間充電時間重さ防水特徴
SoundCore3W+3W24時間5時間365gなし長時間駆動
SoundCore 26W+6W24時間2.5時間414gIPX5長時間駆動,生活防水
SoundCore Boost10W+10W12時間4-6時間585gIPX5USB給電ハンズフリー通話生活防水
SoundCore Pro+12.5W+12.5W18時間4-6時間760gIPX4大音量USB給電生活防水
SoundCore mini5W(MONO)15時間2-3時間215gなしmicroSDラジオ
SoundcoreMini 26W(MONO)15時間未公表207gIPX7完全防水2台接続

※スマートフォンの場合は下へスライドしてください。

製品名値段
SoundCore¥3999-
SoundCore 2¥4999-
SoundCore Boost¥6999-
SoundCore Pro+¥13480-
SoundCore mini¥2399-
Soundcore Mini 2¥3999-

※スマートフォンの場合は下へスライドしてください。

やはり出力が大きくなるにつれて値段も上がりますね。

その分、防水機能が付いたりと機能面でのメリットも付加されるのが特徴です。

Anker Soundcoreの実機購入レビュー

基本モデルのSoundcoreを実際に購入してみました。

f:id:hottyhottea:20180504023053j:plain

パッケージはこんな感じ。
ミニマルな感じでどことなくApple製品のようなスマートな印象です。

f:id:hottyhottea:20180504023111j:plain

かなりタイトに収まっています。

f:id:hottyhottea:20180504023120j:plain

中身はこんな感じ。

本体、取説、充電ケーブルです。

f:id:hottyhottea:20180504023045j:plain

質感はややゴムっぽい雰囲気でマットな感じです。

操作系統は上部に集中させて機能的です。

ボタンも見たままとおりで非常にわかりやすいです。

左側の電源長押しでスイッチオン、右側のBTボタン長押しでペアリング開始

中央のボタンはボリュームコントロールと再生ボタン。

f:id:hottyhottea:20180504023128j:plain

サイドはAUX INとUSB給電差込口です。

このAUX差込は楽器をする人なんかだと非常に便利です。

電池駆動ができるKORG microKORG等」のキーボードをつなげて

屋外で演奏ができます。

路上ライブにももってこいですね。

Soundcoreを実際使ってみて

この個体から出ているとは思えないようなディープな低音が再生される。

EDM系の4つ打ちの電子的な「ドゥムドゥム」と言ったサウンドもしっかり再生できた。

スピーカーの口径が小さくなると低音が出にくい傾向があるがこれに関しては信じられないくらい出ます。

ハイの伸びやかさは小口径スピーカーのためもあって非常にクリアで伸びやか。

総じてかなりレンジの広い再生域を持ったスピーカーという印象です。

ボリュームに関しては、集合住宅のようなところではとてもMAXにはできない。

お隣さんから苦情が出るレベル。

静かな公園でも最大音量ははばかられるかも。

バーベキューや人里離れたキャンプであれば最大音量でも大丈夫。

たかが5Wと思っていましたが、かなり音量は大きいです。

おすすめモデルはどれ??

音質に関して言えば、Soundcore miniシリーズに関してのみモノラルのため注意が必要です。

広がりが欲しいのであればSoundcore miniは避けたほうが無難です。

Soundcore miniはFMラジオが聞きたい人のみおすすめ。

Soundcore mini2は2台買うとステレオ出力ができます。

あとは音質に関して言えばどれも及第点です。

どれくらいのボリュームが出るのかという点ではSoundcoreで十分野外での音楽再生には耐えうると思います。

あとはお好みで大きな音で聞きたい場合は出力の大きいものを選べばよいと思います。

大きい音のほうがテンション上がりますからね!

防水性で選ぶのであれば

Soundcore2/Soundcore Boost/Soundcore Pro+/Soundcore mini2です。

特にSoundcore mini2に関しては1mの水槽に30分浸水しても壊れないという素晴らし防水機能のため、水濡れが心配なプール等にもっていくのであればこれがおすすめです。

最後は値段と諸々のバランスで選ぶのであれば

一番コスパが高いのはSoundcore2でしょうか。

防水機能もついていて、しっかりとしたボリュームが出ます。

値段もBOSE等に比べれば半値~1/3程度です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ご機嫌な音楽とともにアウトドアを楽しみましょう♪

本日紹介の商品は下記から購入可能です♪

プライム会員になれば送料永年無料です。

いまなら30日間お試しもできるのでまだプライム会員じゃない人は

チェックしてみてみください♪

Amazonプライムを見てみる(公式ホームページ)
ABOUT ME
カワムーラ!
カワムーラ!
ウェブサイト運営/HP制作管理で個人事業をしています。元バンドマン(@tone_niigata)で一児のパパ。見てくれる人がちょっと得するような情報を運営サイトを通して発信しています。 企業/個人問わずワードプレスHP制作管理やパソコン設定等承ります。詳細は下記リンクからどうぞ。