Daily Tura Tura in Kawamura
カワムーラがお送りする生活役立ち情報TIPS!
アウトドア

コンバースをスプレーを使わずに撥水防水加工する方法。

キャンバス生地の製品は非常に多いです。

スニーカーのアッパーやトートバック、バックパック等によく使われています。

おしゃれな見た目と裏腹にデメリットがあります。

それは

濡れるとシミになりやすいということです。

本日はキャンバス生地を撥水・防水加工をする方法のTIPS!

キャンバス生地とは?

平織りで織られた厚手の布であり、一般的には綿または麻で織られた布地となります。 もともと、厚手で丈夫な布、という目的で生産されたものであり、帆船の帆に使用されていたために、『帆布(はんぷ)』と呼ばれるようになったようです。 油彩画に使用される『キャンバス』、もこの生地の名前である、キャンバスとなります。

www.totebag.jp/html/page188.html より引用

やはり厚手の布には変わりないようです。

とりわけ麻や綿といった素材自体も容易に水を吸うことに加えて

それらを強引な言い方をすれば「織っただけ」なので

容易に水がしみてしまうことは想像できます。

上記サイトでキャンバス生地の手入れの紹介はありますが

「汚れてしまったら」ということは詳細に記載してありますが

水シミを事前に防ぐ方法は記載されていません。

今回は、汚れにも強くなる「撥水・防水加工」を紹介します。

キャンバス生地→ワックスキャンバス生地に変える!

ワックスキャンバスとは

キャンバス生地にワックスを浸透させることで皮膜を形成し

水分の侵入を防ぐ膜を作ると同時に、汚れにも強くなる加工をしたキャンバス生地です。

この専用ワックスは私が知る限り日本国内で2つしか取り扱いが無いようでした。

ワックスの成分は「蜜蝋」と「パラフィン」です。

天然素材を使用していることから、普段使うバッグを加工しても

安心して使えますね。

キャンバス用のワックスの紹介

私の知る限り日本国内では

・フェルーラーベン グリーンランドワックス

・バッグラボ グリーンランドワックス

の2つしかないように思います。

今回はグリーンランドワックスを使用してキャンバス生地をワックス加工することにしました。

コンバースオールスターをワックス加工して撥水・防水性をプラスする

f:id:hottyhottea:20180428002120j:plain

今回はこちらのスニーカーをワックス加工したいと思います。

誰しもが一度は履いたことがあるであろうスニーカーです。

すごくかっこよくて履き心地もよいのですが…水濡れには非常に弱いですよね。

雨が降ると一瞬で靴下までビショビショです。

今回施行したコンバースは7年物で、こちらの記事で復活させたものを使用します。

こちらがグリーンランドワックスです。

f:id:hottyhottea:20180430004435j:plain

ちっこくてかわいいですね。パッケージもグッド。送料無料で1620円でした。

f:id:hottyhottea:20180430004516j:plain

こんな半透明の黄色い固形石鹸みたいな形状をしています。

鼻を近づけてみるとなにやらはちみつの甘い香りがします。

使用方法を読むと

  • キャンバス生地のブラシや、洗うなどして汚れを落とす
  • キャンバス生地に直接ワックスを刷り込む
  • コテアイロンの低温モードで、布あて等をせずに生地にアイロンを置いて押し当てるようにして動かしてワックスを浸透させる。

とのことです。

…これってスノーボードのホットワックスと同じですね。

実際に施工してみる

それでは思い切って作業をしてみましょう。

f:id:hottyhottea:20180430005048j:plain

ゴシゴシとこすりつけていきます。

f:id:hottyhottea:20180430010639j:plain

両足ともに塗り込みました。

見事に真っ白ですね。

これはひどい。

次の手順としては

「コテアイロンをあてる」なのですが、さすがにスニーカーはあてられる形をしていません。

アイロンを使うということはワックスを溶かして生地に浸透させるということなので

ドライヤーで代用しました。

ドライヤー使用後はこちら

f:id:hottyhottea:20180430010904j:plain

<左:ドライヤー前 右:ドライヤー後>

白いワックスはまったく見えなくなりました。

ドライヤーをあてて数秒経つと

ジュクジュク

という音とともにワックスが溶け出して透明になってきました。

その後、甘い香りを放ちながらキャンバス生地の中に染み込んでいきました。

何度か浸透させたかったので、塗り込む→染み込ませるという作業を3度ほど行いました。

仕上がりはこちら

f:id:hottyhottea:20180430011203j:plain

おわかりいただけただろうか。

水が染み込まずに球の形状を保ったままです。

息を吹きかけるとスーッと流れていきました。

キャンバス生地の撥水・防水加工、成功です。

まとめ

いかがでしょうか。

この方法であれば、キャンバス生地以外の布地にも施工できるかもしれませんね。

あなたの大事なキャンバス生地のアイテムも防水加工を施してみてはいかがでしょうか。

本日紹介したのはこちら。

参考になったらブックマークボタンを押してください♩

GreenEchoes Studio Web Market OPEN!!

管理人カワムーラ!がおすすめする商品が満載!

ブログ掲載商品も紹介しています。

「GreenEchoes Studio Web Market」は下記からどうぞ。

GreenEchoes Studio Web Marketを見てみる。

最大2.5%ポイント還元

お金をコンビニ・銀行(ATM・ネットバンキング)でお支払い。

チャージタイプは面倒なギフト券番号の登録はいりません

Amazonを使う人にとってベストな選択。

・1円からでもチャージOK!・有効期限10年詳しく

ABOUT ME
カワムーラ!
音楽レーベル"GreenEchoes Studio"代表。現在一児のパパとなり音楽活動・レーベル活動共に休止中。隙間時間を利用して2018年4月17日からWeb運営事業「GreenEchoes Studio」代表としてブログ「カワムーラの日々のツラツーラ」を開設。兼業ブロガーとして日々の気になること・節約術をツラツーラと書いています。
RELATED POST