カワムーラの日々のツラツーラ

カワムーラがお送りする日々気になることTIPS!節約術やおすすめ商品等、生活の役に立つ情報を発信!商品レビュー受付中。

ダナーライトの種類と違い比較レビュー!正しい選び方解説

f:id:hottyhottea:20180502011310j:plain

チペワ、ウェスコ、ホワイツ、レッドウィング…

アメリカンカジュアルのブーツブランドはたくさんあります。

その中でも私がおすすめするのは

「Danner(ダナー)」です。

ダナーライトが最も定番ですが

最近では生産ラインを見直して非常にリーズナブルな価格で登場した

ダナーフィールドも魅力的です。

www.greenechoes-studio.com

本日はダナーの中でのレジェンド

「ダナーライト」についての紹介と選び方をツラツーラと解説します。

 

Dannerというブランド

1932年チペワフォールズでチャールズダナーが安い仕事用ブーツを5人の労働者と一緒に作り始め、一足4ドルで売ることから始まる。チャールズダナーがオレゴン州ポートランドでビジネスを展開。当時、質の高いチョークロガーを作り始めて一足20ドルで売り始める。
1959年、アメリカで初めてビブラムソールを用いたシューズを開発し、ダナーのマウンテントレールが一番登りやすいブーツとバックパッカー雑誌に取り上げられ、ダナーは ハイキング業界でプレミアなブランドとなりました。1979年には、靴企業では初めて"ゴアテックス"を使用したシューズを展開し、「ダナー」ブランドは確固たる地位に。
「軽量」で「快適」、1足、1足を厳選された素材で、時間をかけて丹念に手作業でシューズを作り上げる、というスタンスは今でも変わらない。 

ダナー公式HPより引用

ダナーには2つのレジェンドがある。

それは

  • アメリカではじめてビブラムソールを取り入れたこと
  • 靴企業ではじめてゴアテックス素材を使用した靴を作ったこと

 

ビブラムソールとは?

yamahack.com

当時、靴底といえばまだ革を使用しており、ゴム底は珍しい時代でした。

そんな中、ダナーはイタリアのビブラム社と契約し

アメリカではじめて高品質なゴム底のブーツを開発したのです。

ゴアテックスとは?

hyakkei.me

ゴアテックスとは防水性、透湿性、防風性を備えたハイテク素材です。

外からの水気に対してはブロックする

中からの汗は外に逃がす

という二律背反とも思えることができる素材です。

これを初めて靴に取り入れたブランドがダナーです。

長靴は確かに外からの水気は防げます。

しかし、中は汗で蒸れて劣悪な環境となってしまいます。

ゴアテックスブーティーと呼ばれる靴下状に加工したゴアテックスが靴の内側にあるため

いつでも防水且つ蒸れないという機能を併せ持っているのです。

末代まで語り継がれる名作「ダナーライト」

  • 1979 Birth of Danner Light ダナーライト誕生
  • 世界初のゴアテックス採用ブーツゴアテックス社との共同開発により、靴に採用する事が難しいと言われていた防水透湿素材のゴアテックスを世界で初めて採用する事に成功した。その靴はダナーライトと名付けられ、その翌年から販売を開始。現在でも完全防水ブーツの代名詞となっている。

ダナー公式HPより引用

それまでブーツというと全面を皮革で覆っていました。

革は、防水性耐久性の面では優れていましたが

足になじむまでは固く、重量もあることから、決してブーツは履き心地の良いものではありませんでした。

それは現在でも同様のことが言えます。

このダナーライトは、革とは異素材のコーデュラナイロンと組み合わせることで

軽量且つ耐久性の高いブーツとなりました。

しかも、足のあたる部分をコーデュラナイロンにしていることで

買ったその日から足にフィットし、非常に履き心地が良い点も評価されています。

ダナーライトの種類

現在では革×コーデュラナイロン以外にも組み合わせが増え

ソールの違いも含めるとたくさんの種類があります。

当方が所有する

  • ダナーライト カーキ 30440 ※エイジング中
  • ダナーライト ティンバー 30449 ※ほぼ新品

 の二種類のモデルを使って解説します。

f:id:hottyhottea:20180429025111j:plain

 <左:ダナーライトティンバー 右:ダナーライトカーキ(定番モデル)>

革質の違い

どちらも表面に防水加工の施されたフルグレインオイルドレザーを使っています。

かつてのダナーライトは通常のオイルドレザーだったため、常にオイルを入れていないと防水性は保たれませんでしたが

最近のモデルは特に手間がかかる手入れはしなくても良いように進化してしています。

他にもヌバックという革の表面をけば立たせた素材を使っているモデルもあります。

ヌバックは非常におしゃれですが、通常の皮革に比べると水染みが生じやすいです。

サイドの素材の違い

f:id:hottyhottea:20180429025633j:plain

革の色と素材の色、素材の違いによってさまざまなモデルがあります。

コーデュラナイロン

スエード(エクスプローラー)

レザー(エクスプローラーリミテッド)

ケプラー(ケプラーライト)

ワックスキャンバス(ティンバー)

等があります。

大体のモデルはコーデュラナイロンが使われています。

コーデュラナイロンは引き裂き強度は高いですが水は多少染みます。

ケプラーも同様です。

レザーは防水性に優れますが履き心地が固くなります。

スエードは防水性も低く、擦れにも弱いですがなにより見た目がおしゃれです。

ワックスキャンバスはキャンバス(平織りで織られた厚手の布)に蜜蝋とパラフィンを配合したワックスを熱浸透させることで強度と防水性を上げています。

見た目もおしゃれ、防水性にも優れていて丈夫ですが採用されているモデルがほとんどありません。

このダナーライトティンバーも廃盤モデルで現在は非常にレアです。

ソールの違い

f:id:hottyhottea:20180429030558j:plain

通常のダナーライトはビブラム社の#148クレッターリフトソールを採用しています。

他には

ガムライトソール(#1705)

クリスティソール(#4104)

スポンジソール(#2021)

シエラソール

等があります。種類については下記サイト様が参考になります。

shoes-doctor.net

shoes-doctor.net

ソールの違いは重量とグリップ力が違います。

クレッターリフトソールは重いです。

その分歩いたときにしっかりグリップしてくれる半面、地面の硬さが直接伝わります。

凹凸のある山道はこちらの方が歩きやすいです。

一方、ガムライトソールはとにかく柔らかくて軽いです。

タウンユースで使うのであれば断然こちらがおすすめです。

f:id:hottyhottea:20180429031904j:plain

 

重量の違い

ソールの違いは重量にも大きく影響します。

f:id:hottyhottea:20180429031647j:plain

f:id:hottyhottea:20180429031704j:plain

なんと片足だけで250gも違います。

 

加えて、ガムライトソールを採用しているダナーライトは私の印象ですと

全体的に軽量に作られている印象があります。

所有しているダナーライトウッドローンもガムライトソールですが

ティンバーとほぼ同様です。

f:id:hottyhottea:20180429031942j:plain

f:id:hottyhottea:20180429032000j:plain

ティンバーの方がほぼ新品なので革の伸びはほぼなく、履き口も足の形に広がっていないことを考慮しても

全体的にコンパクトです。

ただ、足を入れたサイズ感は全く変わりありません。

ダナーライトカーキの方はゴワゴワした厚めの革が

ティンバーの方はしなやかで薄い革が使われています。

※決して薄いから悪いということはありません。

ワークブーツのように革が厚いとその分固く履きにくくなります。

新品のティンバーの方が足なじみは良いことからもタウンユース向けかと思います。

ただ、河原やキャンプへ行く分にはガムライトソールでも個人的には十分です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダナーライトの選ぶポイントは

  • 使われているアッパーの材質
  • コンビネーションで使われている素材の材質
  • ソールの種類
  • ソールに見合った全体の作り
  • 総重量

ダナーはソールを変えればずっと履ける一生モノの靴です。

高い買い物ですが、それだけの価値は十分すぎるほどあります。

 

あなたの一生モノの一足に出会えるといいですね^^

関連記事はこちらよりどうぞ。

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

最後まで読んできただきありがとうございました。