カワムーラの日々のツラツーラ

カワムーラがお送りする日々気になることTIPS!節約術やおすすめ商品等、生活の役に立つ情報を発信!商品レビュー受付中。

フジロックの雨対策は足元から!履いていきたい靴/ブーツおすすめ8選

 

f:id:hottyhottea:20180627214510j:plain

<2018年7月26日更新>

残念ながら今年のフジロック

台風12号とバッティングしてしまいそうな雰囲気抜群です。

f:id:hottyhottea:20180725211104j:plain

直撃しなかったにしても

山の天候は非常に変わりやすいもの。

雨対策はばっちりにしておきたいものですね!

 

新潟在住フジロッカーカワムーラが

雨でもへっちゃらな靴/長靴/トレッキングシューズをご紹介します。

お急ぎの方はおすすめランキングからご覧ください。

 

防水グッズの関連記事はコチラ。 

 

フジロック事前準備リストや初参戦の方が気を付けたいことは

コチラでも特集しています。

www.greenechoes-studio.com

 

日本野鳥の会 バードウォッチング 長靴

雨対策おすすめ度★★☆☆☆
(完全防水だが蒸れる)

フェスといえばこれ!定番中の定番です。

値段も手ごろで揃えやすいです。

加えてこのカラーバリエーションはなんと7色です。

ビビッドなレッド、個性的なグリーン。どれも魅力的で迷いますね。

私は迷彩色を買いました。

野鳥の会の長靴のすごいところはコンパクトに折りたためることです。

非常に柔軟性のあるゴム素材で作られており

くるくると巻いて付属の専用ケースにしまえば

リュックにに入れて簡単に持ち運ぶことができます。

履き口の留め具の替えが色違いでついて来るところも配慮されています。

私はチャムスのコードロックに付け替えています。

一つ難点があるとしたら

雨には濡れずとも足汗で蒸れてしまうことです。

やはり外からの水分には強く、中からの蒸気を逃してくれる

ゴアテックス素材には勝てません。

雨が降ったらバックパックから出して履き替える

といった使い方がおすすめです。

割と靴底は薄いので気になる方は専用中敷きもどうぞ。

 

 

Columbia KARASAWAⅡプラスオムニテック

雨対策おすすめ度★★★★★

(完全防水で歩きやすい)

ソール(靴底)が迷彩柄のビブラムソールになっていてとってもおしゃれ。

トレッキング用のXS TRECKという靴底になっており

柔軟性に優れて濡れた場所でも滑りにくいです。

前述の長靴とは違って、生地にオムニテックという防水浸透素材を使っているため

雨は通さずに足からの汗による蒸れは外に逃がすことができます。

よって、長靴のように蒸れることはめったにありません。

防水透湿素材の元祖:GORE-TEXでこそありませんが

防水透湿素材としてはクオリティが高いです。

トレッキングシューズにしては非常に軽く履きならしはほとんど必要ないです。

吸いつくように歩けます。 

 

CONVERSE ALL STAR 100 LIMITED GORE-TEX HI

雨対策おすすめ度★★★☆☆

(防水だが穴から浸水リスクあり)

定番のコンバースオールスターチャックテイラーの最新作で

防水透湿機能の本家GORE-TEX®を搭載しています。

コンバース生誕100周年を記念し、2016年から発売になったようです。

従来のモデルと比較すると非常に軽量化されました。

クッション性、通気性、防臭性に優れた専用インソールも付属していて

いままでの硬い履き心地とは比べ物になりません。

一点注意点があるとするならば土踏まずのところの穴はいまだに健在ということです。

水たまりに入ってしまうと、そこの穴から浸水してしまう可能性があります。

コンバースの新旧比較はこちらの記事をどうぞ。

www.greenechoes-studio.com

 

CONVERSE ALL STAR 100 LIMITED WR SL HI

雨対策おすすめ度★★☆☆☆

(撥水加工だが浸水しにくい)

上記ゴアテックス搭載ではありませんが

コチラのモデルはレインブーツをモチーフにしており

水に強いシンセティックレザーを使っているのが特徴です。

人工皮革は撥水性が高く、少しの雨ならへっちゃらです。

タンはガセットタン仕様といって

靴を覆うアッパーとタンの部分が繋がっています。

タンとアッパーがくっついているため、水が入りにくいという仕組みです。

 

前述のゴアテックス搭載のモデルより優れている点は

土踏まずの穴が開いていない点です。

水たまりに入っても浸水してこないところがこのモデルの良いところです。

 

 

 

ダナーライト

雨対策おすすめ度★★★★☆

(完全防水で最強だが若干重い)

定番ダナーライトです。

フジロックで一番よく見かけるブーツです。

1979年発売以降、ほぼ形を変えることなく今に至るレジェンドです。

世界で初めて靴にゴアテックスを搭載し

現在のスタンダードを作りました。

昔ながらのゴアテックスブーティーは完全防水且つ汗は外に逃がすため

靴の中は蒸れにくいです。

足首の部分だけコーデュラナイロンにすることで

履いたときから足なじみが非常に良いです。

靴底に採用されているのはイタリアブランドビブラムソールで

凸凹の地面をとらえ濡れた地面でも滑りにくいです。

靴底は取り換え可能で

メンテナンスをすれば何十年でも履けます。

履くだけ味が出てきて愛着が沸きます。

難点としては若干重いです。(780g/片足)

値段もそれ相応なので思い切らないと買えません。

 

本家ダナーライトはメイドインアメリカですが

生産国をベトナムに移した新商品「ダナーフィールド」は

ダナーライトとほぼ同等のルックス、作り、防水性を備えて

値段はダナーライトの半額です。

今年のフジロックはきっとこのブーツをはいた人をたくさん見かけるでしょう。

 

 
ダナーライト/ダナーフィールドについてはコチラの記事をどうぞ。

www.greenechoes-studio.com


サイズ感は通常のスニーカーよりもワンサイズ落とすのがおすすめです。

私はナイキ/リーボック/コンバースは28cmを履いていますが

ダナーライト/ダナーフィールド共に27cmがジャストです。

ダナーライトにはインソールが付属していませんので

別途購入する必要があります。

※ダナーフィールドは付属

 

ダナー マウンテンライトⅡ

雨対策おすすめ度★★★★☆

(完全防水で最強だが若干重く履きならし必要)

見た目はまさに古き良き往年のマウンテンブーツです。

「フジロック専用ブーツ!」みたいな感じがしますね。

機能的にはダナーライトとほぼ同じですが

足の甲の部分の皮を折り返してあるので

靴着脱がしやすく、ほこりが入りにくいです。

サイズ感はダナーライト同様に一回り小さいサイズをおすすめします。

ナイキ/リーボック/コンバースは28cmを履いていますが

ダナーライト/ダナーフィールド共に27cmがジャストです。

ワイズがダナーライトと同じEEでも少しゆったりしているので

幅広の足の人はこちらの方が丁度いいかもしれません。

ただ、ダナーライトと違って足首まで革でおおわれているので

履きならしが必要です。

履く前にミンクオイルを塗って柔らかくしてから履きましょう。

また、重量はダナーライトより若干重く800g/片足です。

気になる方は気になるかもしれません。

ダナーライト同様にインソールが付属してい内での別途購入してください。

前述のペダックもおすすめですが

偏平足の人にはこちらもおすすめです。

 

 ダナーのメンテナンス記事や

中敷きについての記事はコチラをどうぞ。

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

 

 

 

PALLADIUM PUMPA PUDDLE LITE WP

雨対策おすすめ度★★★☆☆

(完全防水だがゴム製のため蒸れやすい)

フランスのメーカーパラディウム。

ちょっと耳なじみがない方も多いのではないでしょうか。

見た目はコンバースオールスターを少しいかつくしたような感じですね。

コンバース好きには大変おすすめの一品です。

このメーカーの一番有名なモデルはパンパハイというのですが

それのウォータープルーフバージョンです。

元々はタイヤメーカーで、ゴムの加工に長けています。

フランス軍のブーツはパラディウムらしいです。

ミリタリーテイストとタウンテイストのマッチングが絶妙ですね。

ブーツの利点とスニーカーの利点のいいとこどりのような靴です。

 

MOONSTAR ALWEATHER

雨対策おすすめ度★★☆☆☆

(ゴム製のため蒸れやすくキャンパス地から浸水あり)

MADE IN KURUMEを謳う日本が誇る老舗メーカームーンスターです。

こちらの靴は今では稀少になってしまったヴァルカナイズ製法で作られています。

ソールと靴の部分を連続性を持たせて圧着してあるので

コンバースやほかの靴のように靴が水平に二分されることはありません。

ということは足元から水が染みることが構造上ないということです。

長靴に近い靴底です。

しかし、残念ながらキャンパス生地からは水がしみてきます。

ちょっとくらいの水たまりならいいけどもゲリラ豪雨はNGです。

 

 

おすすめランキング

いかがでしたでしょうか。

 

おすすめ順に並べてみましょう。

雨対策おすすめ度★★★★★

(完全防水で歩きやすい)

<コロンビア カラサワⅡ オムニテック>

 

雨対策おすすめ度★★★★☆
(完全防水で最強だが若干重い)
<ダナーライト>

 

<ダナーフィールド>

 

雨対策おすすめ度★★★★☆

(完全防水で最強だが若干重く履きならし必要) 

<ダナーマウンテンライトⅡ>

 

雨対策おすすめ度★★★☆☆

(防水だが穴から浸水リスクあり)

<コンバースオールスターゴアテックス> 

 
雨対策おすすめ度★★☆☆☆
(完全防水だが蒸れる)
<日本野鳥の会バードウォッチング長靴>
 

 

やはりトレッキングシューズが1位でしたね。

2位はレジェンドダナーシリーズ。ダナーフィールドは本当によくできていて

あの値段だから驚きます。

コンバースゴアテックス搭載モデルはサイドのハトメ穴が残念。

シンセティックレザーモデルはハトメ穴がないけども素材は撥水レベル。

後述3つはゴムで完全防水だけども蒸れが気になります。

お気に入りの一足を見つけてフジロックを楽しみましょう!

 

防水グッズの関連記事はコチラ。 

 

関連記事はコチラ。

www.greenechoes-studio.com 

www.greenechoes-studio.com

www.greenechoes-studio.com

 

www.greenechoes-studio.com