カワムーラの日々のツラツーラ

ベーシストカワムーラがお送りする日々気になることTIPS!プロバイダ,iPhone関連,格安SIM,ブーツ,靴,自動車関係など紹介していきます。

アークテリクスのハードシェルジャケット/レインウェアの選び方。種類や特徴について解説!

f:id:hottyhottea:20180517013053j:plain

カナダ発老舗アウトドアメーカーのアークテリクス。

ブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで

1989年に設立されました。

アークテリクスというのは「始祖鳥」という意味。

始祖鳥の化石がそのままアークテリクスのロゴになっているのは有名です。

アークテリクスといえば高性能なハードシェル、マウンテンパーカーが有名です。

しかしホームページをみてもアルファだとかベータだとか…

SL、SVなどなど見慣れない言葉がたくさん…。

そんなアークテリクスのモデルの種類と選び方を解説します。

なお、今回掲載するのはハードシェルと呼ばれる一番外殻として

外側に着る物で且つ、透湿防水機能(GORE-TEX🄬)を搭載したモデルに限定しました。

アークテリクスのモデル名の決め方ルール

実はこの見慣れない製品名はあるルールを覚えると非常に簡単にそのモデルが

どのような製品であるかわかるようになっています。

f:id:hottyhottea:20180517002712j:plain

モデル名の一番最初は丈の長さを表しています。

ベータ(ゼータ) ヒップ丈
アルファ センターバック丈
シータ もも丈

ベータがお尻半分が出るくらいで一番丈が短い

アルファがお尻が隠れるくらい

シータがももくらいまで丈があります。

また、上記丈の違いは用途の違いにもなっています。

アークテリクスの推奨では

ベータ(ゼータ)

オールラウンド,ハイキング,トレッキング

アルファ アルペン&クライミング
シータ オールラウンド

という意味合いもあります。 

 

真ん中の英字は生地の厚さ(≒重量)を表しています。

SV=Severe 生地が最も厚い
AR=AllRpundUse 生地が厚い
LT=Light 生地は普通
SL=SuperLight 生地が薄い
FL=Fast&Light 生地が薄い,軽量柔軟

要するに生地が厚くなるほど防風性、保温性に優れるようになりますが

重量は増し、生地が厚くなることで持ち運びには不便、ゴワゴワします。

生地の柔軟性も乏しくなる印象です。

以下、英字の解説です。

 

SV(シビア)

最も過酷な自然環境を想定。長期間使用にえる優れた素材を使い防水性や耐久性がとても高いモデル。

AR(オールラウンド)

耐久性の高い素材を使用。一般的アウトドアでの様々な活動に対してオールラウンドの汎用性の高いモデル。

LT(ライト)

耐久性の高い素材を使用しつつ、機能を最小限に抑えた軽量タイプのモデル。

SL(スーパーライト)

極限まで軽量化を施したデザイン。コンパクトに収納できるタイプ。

FL(ファスト・ライト)

高性能、軽量化を実現し、変わりやすい天候状況で手軽に着られるタイプ。 

 

最後のカタカナはそのものの形を表しています。

例)フーディ、ジャケット等

アークテリクスのサイズ感

アークテリクスは上述のようにカナダ発のメーカーです。

よって、日本国内正規品の表記もUS/CAサイズ表記となっています。

US/CAサイズ表記ということは通常であれば日本のサイズ表記よりもワンサイズ大きめです。

しかし、アークテリクスは全体的にかなり大きめです。

購入するときは通常の自分のサイズより1-2サイズ程度下げて買うことをお勧めします。

通常Lサイズ→アークテリクスSサイズ

通常Mサイズ→アークテリクスXSサイズ

身長170cm体重67kgの私のジャストサイズは「XS」です。

ややゆとりがあるサイズで「S」です。

ただし、ベータでSを着てしまうと着丈が長くなってしまいお尻の中央より下まで

ジャケット下端が来てしまいます。

男性の方で通常サイズがSの方は、レディースサイズを検討してください。

透湿防水素材GORE-TEX🄬の種類

f:id:hottyhottea:20180517013217j:plain

今回掲載するGORE-TEX🄬には3種類あります。

  • GORE-TEX®️PRO(3層)
  • GORE-TEX®️C-KnitBacker(3層)
  • GORE-TEX®️PacLite(2層)

GORE-TEX🄬の機能や層の違いについては下記過去記事をご覧ください。

www.greenechoes-studio.com

軽量モデルには生地が1層少ないGORE-TEX®️PacLite(2層)が使用されています。

最近出た最新モデルには軽量且つ柔軟性にも優れたGORE-TEX®️C-KnitBacker(3層)
を採用しています。

2層のモデルは軽量ですが、耐久性の面では3層には劣ります。

GORE-TEX®️のスペックは以下のとおりです。

  耐水圧(mm) 透湿性(g/㎡/24h)
GORE-TEX®Pro 28000以上 28000
GORE-TEX®C-KNITBacker 28000以上 20000
GORE-TEX® 28000以上 17000
GORE-TEX®MicroGridBacker 未公表 未公表
GORE-TEX®PACLIGHT 28000以上 15000
6D HYVENT® Flyweight 15000以上 12-15000
HYVENT® APEX™ 15000以上 12-15000
HYVENT®-D 15000以上 12-15000
HYVENT® Clear D 15000以上 12-15000

 一般的に嵐を耐えるには耐水圧20000以上

蒸れにくいという面では透湿性10000以上が求められます。

アークテリクスが採用しているモデルはいずれもすべてクリアしています。

非常に透湿防水性に優れていることが分かります。

透湿防水性についての詳細はコチラ。

www.greenechoes-studio.com

アークテリクスハードシェルモデル一覧(表)

それでは以上のことを頭に入れてモデル一覧を見てみましょう。

タウンユースであればベータもしくはアルファSLで十分かと思います。

本格的なトレッキングをするのであれあればそれ以上のモデルを買った方がいいかと。

私はタウンユースですがハイスペックを求めてベータARジャケットにしようかな…。

財務大臣がなんていうか心配です(笑)

※下記モデル名はそれぞれ商品ページへのリンクになっています。

<モデル名と定価>

  ベータ アルファ シータ ゼータ
SV    
AR  
LT    
SL    
       
FL  

 

   

 <モデル名と重量,フィット感,用途>

  ベータ アルファ シータ ゼータ
SV ◎ベータSVジャケット485gRF ◎アルファSVジャケット490gRF    
AR ◎ベータARジャケット460gRF ◎アルファARジャケット400gRF ◎シータARジャケット485gRF  
LT ◎ベータLTジャケット345gTF     □ゼータLTジャケット335gTF
SL ○□ベータSLHVジャケット350gTF ○アルファSLジャケット305gTF    
  ○ベータSLジャケット315gTF      
FL   ◎アルファFLジャケット315gTF

―――――――――――――――――――――――――

赤:ハイキング&トレッキング

青:アルペン&クライミング

緑:ハイキング&トレッキング

―――――――――――――――――――――――――

◎:GORE-TEX®️PRO(3層)

○:GORE-TEX®️PacLite(2層)

□:GORE-TEX®️C-KnitBacker(3層)
―――――――――――――――――――――――――
RF:レギュラーフィット

TF:タイトフィット

―――――――――――――――――――――――――

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アークテリクスのハードシェルはどれを選んでもゴアテックス搭載なので

防水性も蒸れにくさもばっちりです!

あとは今日学んだ選び方を元にお気に入りの一枚を探してください!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。